エッチな人妻との出会いにオススメの出会い系サイト

grpb0011144074_0000000000pcエッチな人妻に出会いたいからといって、人妻専門出会いサイトに入会しないでください。

 人妻専門・熟女専門とうたっている出会い系サイトは、すべて詐欺サイトです。

そういう人妻専門サイトに、普通の人妻が入会するわけはないのです。それらは、すべてアルバイトが人妻のふりをしてメールをしている悪徳サイトなのです。どれだけメールをヤリトリしても絶対に出会うことはできません。

普通の人妻が不倫パートナーを探すのは、やっぱりハッピーメールやワクワクメールのような大手出会い系サイトなのです。そういうところで、いくらでもメールができるのに、わざわざ「人妻専門」なんていう怪しいサイトに入会したりはしないのです。無料という言葉にだまされてインチキ出会い系サイトに入会しないようにしてください。

以下は、私も利用している絶対に信頼できる大手出会い系サイトです。

 ハッピーメール

言わずと知れた出会い系サイトの王者ですね。会員数日本一の出会い系サイトです。プロフィール検索の「さらにこだわる」を選択し「交際ステータス」を「既婚」にすれば人妻だけを検索することができます。

 ワクワクメール

ハッピーメールと並んで、日本で2番めに有名な出会い系サイトですね。こちらも「交際ステータス」で「既婚」を選んで検索することが可能です。

 PCMAX

PCMAXは、説明の必要もないくらい有名ですね。プロフィール検索にそのものズバリ「不倫・浮気」というチェックボックスがあります。

W不倫で来るべき75歳現役時代に備えよう

現在、年金支給の開始年齢を71歳まで引き上げる案が、政府与党内で検討されています。75歳現役時代がもうそこまで来ています。

年金問題は国に任せるとして、単に長生きするのではなく、健康で生き生きと生きて行くためには、異性との交際が欠くべからざるものとして、改めて浮上してきます。

人間、いきなり年を取るわけではありません。30代、40代、50代を経て還暦を迎え、古希を迎えるのですが、少年老いやすく、学成りがたしです。年はすぐ取ってしまいます。

お金なら、年を取ってからでも稼げるかもしれませんが、気の合う異性、まして体の関係で相性のいい異性は、年を取ってからでは簡単に見つけられません。若い頃からの関係が続く場合が多いのです。

75歳現役時代に対する備えは、体の関係が相性ばっちりで、気持ちも通じ合う異性を見つけておくことです。

長い人生を見据えれば、男にも女にも一夫一婦制の限界が見えてきます。しかし、国は年金の支給開始年齢を引き上げても、一夫一婦制を法的に変えることは今後ともしないでしょう。

かといって、個人レベルで離婚と再婚を繰り返すのでは、あまりにリスクが大きすぎます。そこで、安全かつ現実的な選択となるのが、W不倫なのです。

W不倫は、75歳現役時代になれば、間違いなく世の常識となります。W不倫をネガティブにとらえる必要はありません。むしろ、長い人生では当たり前ととらえることです。

そのためにはまず、少しだけ意識の改革が必要になります。それには、いつの時代も一般人より少し先を行っている、芸能人などの生き方・考え方が参考になります。

先人の教えをポジティブにとらえ、来るべき75歳現役時代に備えて、今からW不倫の準備をしておくことです。その実現には、出会い系サイトが役立ちます。

不倫界の大御所石田純一さんを見習う

古くは「不倫は文化である」と広言してはばからなかった、イケメン俳優の石田純一さんもすでに還暦を過ぎていますが、今尚芸能界の第一線で活躍出来ていることは、表向きはともかく実際には、社会が不倫を認知しているからではないでしょうか。

社会的な影響力の大きい芸能人が、世間一般のタブーを文化であると言い放っただけでなく、見事にそれを実践され、現在は3人目の奥さんであるプロゴルファーの東尾理子さんとの間に子宝にも恵まれ、幸福な家庭を築いていらっしゃいます。

しかも石田さんは、不倫騒動で公共の電波の仕事を干されてどん底に落とされてももめげることなく復調し、2016年の東京都知事選で一時は擁立されかけたほど、仕事の出来る男のイメージも併せ持つ、いわば不倫界の大御所です。

ちなみにこの選挙では、野党統一候補として古希を過ぎたイケメン評論家の鳥越俊太郎さんが擁立されましたが、氏は講師として教えていた大学で女子学生にセクハラまがいの行為をしていた過去が暴露され、善戦空しく小池さんに敗れたことは記憶に新しいところです。

選挙期間中に暴露記事が出た時陣営からは、これなら不倫騒動の過去をもつ石田さんの方が、まだ戦えたとのため息が漏れたと言われます。

この一件から日本では、セクハラは疎まれますが、不倫は黙認される文化があることを、期せずして顕在化させてくれたととらえることも出来るではないでしょうか。

ですから、まずは不倫に対して、余り窮屈に考えることをしないようにしましょう。まして、両性が合意の上で行うW不倫は、バレなければ何も後ろめたいことではないと考えていいと思います。

石田さんほどのイケメンではなくても、「不倫は文化」を実践することで男を磨き、人生を作り上げたといっても過言ではない、石田さんから学ぶべき点はたくさんあります。私達も見習って生き生きライフを実現させましょう!

石田さんの「不倫は文化」発言にまつわる薀蓄

今なお名言として、広く知れ渡る「不倫は文化」発言ですが、石田さんは最初からそう決め付けたわけではありません。

事の発端は、石田さんの二番目の奥さんである女優の松原千明さんとの結婚生活中に、交際が8年余りに及ぶファッションモデルの長谷川理恵さんとの不倫が発覚してしまい、マスコミからすさまじいばかりの取材攻勢を受けたことです。

その際、反論に使ったのが、女優でタレントでもあった川島なお美さんから聞いていた、この台詞だったのです。

その言い回しは正確には、「文化や芸術といったものが、不倫という恋愛から生まれることもある」というものでした。

ちなみに川島さんもまた、不倫で女優人生を切り開かれた方なだけに、説得力が違いますね。

川島さんと著名な小説家との不倫は、枕営業と揶揄されることもありましたが、作家先生の原作に基づく注目作品で見事主演女優の座を射止め、またその不倫をエキスとして作家先生の筆の力を一段と推し進めたともいえます。

いずれにせよこの文言を、不倫騒動の最中石田さんがプレーしていたゴルフ場で取材をした芸能レポーターが、『不倫は文化』というフレーズで繰り返し報じたため、「不倫は文化」が一気にお茶の間に定着していったのです。

不倫は人生を豊かにする

このように見ても分かるように、不倫という恋愛は文化や芸術ともかかわりを持ちます。そして、こうしたものは、人生を豊かにする上で、なくてはならないものですよね。

75歳現役時代になれば、今まで以上により多くの人が、文化的で芸術の香り豊かな人生を、よりよい人生として求めるようになります。

人生の達人ともいえる石田さん、川島さんは、そのために不倫が役に立つことを、実践的に教えてくださっていると言えるのではないでしょうか。

何度も言うように、不倫に後ろめたさや背徳感情などを持つ必要は全くないといえます。ましてW不倫の場合、もし不倫をしなければ、自分のみならず相手をも、単調でつまらない人生にしかねないわけですから、不倫をするのは人のためでもあります。

要は、不倫をするに際しては、ネガティブな感情を持つのではなく、ポジティブにいくべきだということです。文化や芸術は、ポジティブ・シンキングから生まれます。

なにも文化人や芸術家を気取る話ではありません。不倫という恋愛には、そうした要素が自ずから含まれていることを理解すれば、それで十分です。不倫体験をきっかけに、生活がいい方向に変わった人は、男女とも少なくないはずです。

不倫が出来るということは、素晴らしいことであることを再確認したいものです。75歳現役社会ともなると、人生で不倫すら出来ないことをこそ、悲しむべきことなのです。ここから文化が始まるからです。

そして、この素晴らしいW不倫を具体的に可能にするのが、大手出会い系サイトです。大手の出会い系であれば、その豊富な会員の中から、文化や芸術に関心を持った異性が必ず見つかります。

年代と共に不倫相手を絞って行く

75歳現役時代のW不倫では、将来を見据えて不倫相手を探す慎重さも必要です。

正妻に比べ不倫相手なら、興味に応じてどうにでも替えられるように考えがちですが、理屈の上では確かにそうですが実際には、不倫相手もそうそう簡単にすげ替えられるものではありません。

冒頭述べましたように、年を取ってから気の合う女友達や体の相性のいい異性を見つけることは、簡単なことではありません。

現在は穏やかな家庭環境を保つ石田さんが、不倫をしまくっていたのは主に、30代から40代にかけてです。

確かに、精神的にも肉体的にも充実していて、経済的ゆとりも出て来るこの頃というのは、一番不倫をしたいときかもしれませんね。

石田さんが、先のファッションモデルをしていた長谷川理恵さんとの不倫関係をスクープされたのは、42歳の時です。

その後、松原さんとの離婚を経て石田さんが現在の奥さんである東尾理子さんと再々婚を果たされたのは、50代も半ばのことでした。

石田さんの事例は、離婚と結婚の繰り返しになりますが、一般人のW不倫では離婚しないことが前提ですので、石田さんのした離婚と結婚は、一般人においては不倫相手との出会い、別れに置き換えてみることが出来ます。

つまり、30代は複数の相手と不倫を楽しんで、40代にはある程度相手を絞り、50代に入ったら、その後75歳で現役を終えるまで付き合える相手とだけW不倫することで、石田さんのように女に不自由しない性生活を楽しめるのではないでしょうか。

それがまた生涯に渡って人生に彩を与えてくれることですし、何より日々の暮らしを充実したものにしてくれるわけです。

人妻との密会の仕方は芸能人のやり方が参考になる

石田さんの不倫がバレたきっかけは、写真雑誌のスクープ記事によってですが、長身でイケメンの石田さんとスリムなファッションモデルの交際は、黙っていても人目を引いたでしょうから、有名人の不倫は本当に隠すのが大変だと思います。

人目を欺くための変装、人目につきにくい場所の選定、そこまでの交通手段など、有名人同士の密会は、それだけでストーリーになるほどドラマチックなものだと想像されます。

その思いをすれば、一般人である我々のW不倫では、隠すといってもそれほど大袈裟な仕掛けまでは要りません。有名人の思いをすれば、密会の苦労ははるかに少なくて済みます。

ただ、そうはいっても一般人であれ相手は人妻ですから、密会にはそれなりの工夫が必要ですね。そんな時、有名人や芸能人のやり方を少し調べてみると、参考になる点が多々あります。

例えばホテルですが、有名人は会員制のホテルを使うことが多いようです。会員だけが使える専用フロントは、不特定多数に顔を見られることなくチェックインが可能で、フロントから部屋のある階へも専用エレベーターで直行出来るからです。

帰りは専用フロントからロビーまで、別々のエレベーターで降りることが出来るようになっています。一般人でもこの方法を取れば、万が一探偵を付けられても、証拠をつかまれなくて済みます。

まだ他にもあるのですが、仔細はネット等でお調べください。さすがに芸能人だけのことはあって、密会がバレないように慎重を期さなくてはならないW不倫に役立つ方法がいろいろと見つかります。

W不倫デートにおすすめな5つの場所

W不倫でもデートは大切。なぜなら会うたびにラブホというのは、いずれパターンに飽きてしまうからです。

一度関係を持つにしても、デートをした後のほうが感情的に盛り上がることもあります。ただし、街のデートには危険がいっぱい。どこでだれから見られているのか、わかりません。W不倫デートにおすすめな5つの場所をまとめました。

W不倫はバレない場所選びが鍵に

既婚者どうしが不倫に求める理由は、日常を忘れたいからということも多いです。そのため日常から距離的に離れた場所がおすすめです。お互いのパートナーの仕事領域からも離れるコト。仕事がらみの相手に見つかると、それそこやっかいです。人の行動は意識をしないと、パターン化する傾向があります。

ただし、パターンを作ってしまうと不倫がバレやすいリスクが高まってしまいますね。やっぱりW不倫はスリルがあるものの、バレたくないという人がほとんど。場所選びで気をつけることは、同じところには行かないこと。それでも自分で行く場所には限りがあるため、デートにおすすめな場所やデートのコツもご紹介していきます。

おすすめ1.ドライブデート

車という密室なら、距離を縮めるのにも最適です。本格的なドライブデートをするなら時間がある時のみに限られてしまいますね。お互いに家庭を持っていたり、仕事をしていたりするような状況では、毎回遠出するのが難しくなります。

そこで行くべき場所として、生活圏外のショッピングモール。田舎だと平日は人が少ない点もあります。ショッピングモールは駐車場があるというのが何よりのメリット。ショッピングや食事をしてから、車の中で…というデートもできます。人の出入りがあると集中できないデメリットもありますが。もう少し時間を取れるなら、郊外のアウトレットもおすすめです。アウトレットは、他県ナンバーも普通に駐車しているので、目立ってしまうこともありません。

ドライブデートで高速道路を使うなら、ETCだと明細でバレることもあるため、現金払いにしましょう。ベタですが、車の中に女の長い髪の毛が落ちている、イヤリングが座席に挟まっていたという失敗をしないように注意です。

おすすめ2.映画デート

映画で感情的に盛り上がってからのベッドインなら、単なるベッドインより刺激的。映画で選ぶ作品は、ベッドシーンがある恋愛ものもおすすめです。そもそも映画館という密室なら、そこそこ良い雰囲気にもなり、その場で盛り上がってしまうカップルもいると思われます。その時は流れで判断しましょう。

映画館というと、ある程度決まった場所になり、日常的な場所に近いこともあると思います。そんな時は、他人のフリ作戦に出ればOKです。どちらかがチケットを2人分買って、開演時間になったら別々に席に座るという方法です。カップルシートはバレバレになるリスクが高いので、できれば最後尾の真ん中あたりを取れるとベスト。開演前だとやや明るいので、知り合いに見つかってしまうこともあります。おすすめのタイミングは本編再生までのCM中です。

おすすめ3.ネカフェデート

カップルシートもあるネカフェは、まったりくつろぐのにもおすすめです。場所によっては薄暗いので、ムードがあることも。実際にいい雰囲気になって…ベッドがない!というデメリットも否めませんが、イチャイチャする場所としては最適です。ネカフェの最も大きなデメリットは、監視カメラがあるということ。

犯罪防止のためにあらゆる場所に設置されていることも多いです。万が一ですが、W不倫がバレた時の証拠品にもなってしまうことも。セキュリティがしっかりとしたネカフェは、設備面が充実している特徴があるということも、頭に入れておきましょう。

おすすめ4.ホテルデート

定番のラブホではなく、高級ホテルのデートは待ち合わせの可能性も否めないことから、バレにくいメリットがあります。ラウンジでお茶することもでき、プチデートに。ラブホのような雰囲気よりも、もっと洗練された空間になりますが、不倫の場所として選ぶ人も少なくないのです。

ホテルというと、旅行くらいにしか使わない人も多いでしょう。お高いホテルは、日常を忘れる場所として最適です。たとえばラブホが定番になっていると、何だかパターン化してしまうこともあります。ラブホに行く5回に1回くらいは、ちょっといいホテルを選ぶ感じはオトナなデートにぴったり。そもそもラブホって、入るシーンを目撃されたらアウトです。リスクの分散という点から、高級ホテルも候補に入れておきましょう。

おすすめ5.自宅デート

リスクが高い場所なので、おすすめと呼べる場所ではないかもしれません。不倫ドラマでも描かれるように、自宅にパートナーが帰ってきてバレるシーン。他人の様子を見ているだけならスリリングですが、実際にそんな出来事に遭遇したら、大変です。

ただし、デートがマンネリ化している場合に、タイミングをみはからってどちらかの自宅に行くというのは、ある意味で刺激的なこと。日常にパートナーといるところに、不倫相手がいるという空間は非日常ですね。重要なのは、タイミング。100%上手くいくと思っても、予想がハズれることもありますので、覚悟のうえで。ドライブ、映画、ネカフェ、高級ホテルを上手に選びながら、時々自宅という選択をしてみるのもよいですね。

女性が不倫をしたがる心理を知ることで、出会いを有利に進める方法

自分が未婚なのにも関わらず、不倫関係にハマってしまうのは圧倒的に女性のほうが多いと言われています。若いOLとその上司が社内不倫をしているなんてのは良くある話ですぐにイメージがわきますが、若い男性と既婚女性が昼間から不倫をしている光景ってあんまりイメージがわかないですよね。

既婚女性は育児や家事などで家にいることが多く、未婚男性との出会いがそもそもありません。しかし、男性は社内の女子社員であったり、取引先の女子社員であったり、いくらでも未婚女性との出会いがありますよね。

男性が不倫や浮気をしてしまった時の言い訳としてよくつかわれるのが「つい、魔が差してしまって……」というセリフですね。周囲にいつでも手を出そうと思えば出せる女子に囲まれた環境に置かれているのであれば、そうなってしまうのも無理はないのかもしれません。

若い未婚女性にしても同じことです。周囲に魅力的な年上男性がたくさんいたら、一人くらいとは不倫関係になったとしてもなんらおかしくはありません。このように、会社や職場を通じて若い未婚女性と年上の既婚男性が出会うことで、不倫は成立しているわけです。

ところが、手を出したくても出す男子がまったくいないのが既婚女性の環境です。職場といっても女性が多くいるパートタイムなことがほとんどですし、不倫をしたくても相手が周りに誰もいない……。そんな時の駆け込み寺として機能しているのが、出会い系なんですね。

そのため、出会い系で不倫関係を求めているのは既婚女性であることが多いです。年上が好きだけど、周囲に年上のオジサマがいないので出会い系に……という若い未婚女性もいるにはいますが、それでも全体で見たらやはり少なめです。

既婚女性とダブル不倫を楽しみたいのか、それとも若い女性とのフレッシュなセックスを楽しみたいのか。それを選ぶのはアナタ次第です。どちらを望むにせよ、いまの出会い系ならそれが簡単に実現できてしまうのですから。

女性が不倫をしてしまうその心理

男性と女性で脳の構造や得意分野が違うのは有名な話ですが、不倫に対する意識の違いもそこから来ている部分が多いそうです。男の場合は単純にセックスがしたい、いろんな女を抱きたい……つまりは「子孫を残したい」という本能から来ています。もっと言ってしまえば「子孫を残したい」ではなく、「射精をしたい」としたほうがより適切でしょう。

しかし、女性の場合はもうちょっと複雑なようです。どうしようもなく欲求不満で、セックスをただしたいだけの肉欲にまみれた人妻もたまにいるのですが、滅多にいません。肉体的に満たされるよりも、精神的に満たされたい思いを重視するようです。

不倫といえば定番なのは社内不倫ですから、まずはそれをモデルとして、未婚女性が不倫をしてしまう心理を挙げてみましょう。

  • 尊敬している上司に求められることで「あの人に認められた」という人間的な自信が生まれる
  • その人の奥さんよりも自分のほうが魅力的で勝っているんだ、という優越感を得られる
  • 仕事中の男性はかっこ良く見えるし、会える時間が限られているのでお互いの欠点が見えにくい
  • 自分よりも経験、知識が豊富な相手と交際することで自分もより高まる気がする
  • 見せたくない所帯染みた一面は奥さんが担当してくれるので、自分は女を見せることだけに専念できる
  • 障害がある中で求め合うことで、これこそ真の恋愛なのでは?と思い込み、なおかつその状況に陶酔できる

などがあるでしょうか。なかなか男性側からは理解し難い部分も多いですが、こういった心理や考えをもつ女性は非常に多いです。

未婚女性と既婚女性ではまたちょっと事情が違ってくるケースもありますが、基本的には似たようなものです。細かな違いはあれど「不倫という、してはいけない行為をしている自分に酔う」といった点は全く同じだと言えるでしょう。

未婚であろうが既婚であろうが、共通しているのは「自分のことしか考えていない」ことです。もっとも、相手やその周囲のこともきちんと考えらる人でしたら、本来の奥さんに対して申し訳なくて不倫なんて普通できないですからね。不倫をしている、あるいは不倫をしたがっている女なんてのは、自己中心的で非常識な女でしかないのです。

そのため、こちらも出会い系で会った女性に対して敬意を払う必要はありません。夫や彼氏からDVを受けているなど、よっぽど情状酌量の余地があるのなら別ですが、自分のことしか考えていない不倫願望のある女性なんて、こちらから使い捨ててやるくらいの気持ちでいましょう。

私も最初の頃は、バカ丁寧に接していたのですが、いまではもうアホらしくなってしまいました。どうせ不倫関係なんてのは長続きしないんです。むしろ、変に情がわいてしまうと厄介なことになってしまいがちなのですから、なるべくドライでいることを心がけましょう。

既婚女性は恋愛感情に飢えているため「恋愛ごっこ」をしたがる傾向にあります。「ごっこ」のうちはまだいいですし、相手の恋愛感情をうまく利用することでこちらにとって都合のいいことも多くあるのですが「本気」になられてしまうと、これもまた面倒です。

たまに男も女も本気になって燃え上がってしまい、離婚してそのまま結婚してしまうケースもありますが、そんなの上手くいくはずがありません!

なにせ、お互いに「自分さえよければ、平気で配偶者を捨てて不倫する奴」なことがわかりきっているのです。そんな相手を信用できるはずがないでしょう。「あくまでも不倫は遊びである」と男側が常に心がけておくことが大事ですね。

父親としての父性を求めて不倫をする女性も多い

幼いころは自分と違う性の親になつくと言われています。男の子であれば母親をより好きになり、女の子であれば父親をより好きになるわけですね。

思春期の頃くらいになると、逆に冷たくあたってしまった記憶がある人も多いことでしょう。母親をクソババア呼ばわりする男子や、私の服を父親の下着と一緒に洗濯しないで! と忌み嫌う女子。そんなモラトリアム期間を終えたあとは、また幼少期と同じように、異性の親を求めだすと言われています。

マザコンといえば男性が浮かぶように、ファザコンといえば女性が浮かびますよね。このファザコンの性質をもつ女性が年上の既婚男性との不倫に陥りがちなんです。

その多くは幼少時代に、父親からの愛を十分に受けることができなかった女性たちです。その頃に満たされることがなかった「もっと父親から愛されたい」「大事にされたい」といった思いが大人になってより強くなり、父親としての存在をまったく別の年上男性に求めてしまうのです。

こういった願望をもつ女性は意外と多いです。親からの愛情は人間が本能的に求めるものですから、一度でも「この人ならきっとわたしを愛してくれる」と感じた場合は、かなり一途な思いになりがちです。

ただ、実際に付き合うことになったとしても、長続きしないことがほとんどです。なぜうまく行かないかといえば、求めているものと選んだものが違うからです。

求めているものは父性ですが、当然ながら不倫相手は父親でもなんでもなく赤の他人です。女性が求めているのは、あくまで娘としての自分を愛してくれる父性であるのに対し、男性側としては不倫相手を娘として見ることはまずありません。

若い女の子が寄ってきたから「ちょうどいいセックス相手」のように捉えていることがほとんどです。もっとも女性側としても、その男性本人そのもの愛しているわけではありません。女性は男性を通じて理想の父親を思い浮かべて、その虚像を愛しているに過ぎないのです。体のいい代役をさせられているわけですね。

つまり、最初からお互い致命的にすれ違っているのです。女性が求めているのは幼少期に満たされなかった父親からの愛を、いまになって取り戻したいだけなのです。

若い未婚女性が「奥さんといつ別れてくれるの?」なんてプレッシャーをかけ続け、無事に略奪愛が成ることもあるでしょう。しかし、そのカップルが結婚したとしても大抵はうまくいきません。なぜなら結婚してしまった時点で「父親」から「旦那」に変わってしまい、対等な立場になってしまうことで、途端にその男性に対して興味を失ってしまうのです。

それに、一度不倫の蜜の味を覚えてしまった女性は、絶対に同じことを繰り返します。もしいまあなたが若い女性と不倫関係にあるのなら……。あるいは言い寄られているのなら、その若い女性は過去に不倫を経験済みで、相手の家庭環境を引っ掻き回したことがあるかもしれないのです。

古女房を捨てて若い女性と結婚する。これは男性にとってちょっとした憧れでもありますから、それこそ「魔が差してしまい」本気になってしまう男性も少なくないようです。いま一度、冷静になって考えなおしてみましょう。

人妻が不倫をするのは、寂しさからくることがほとんど

では、既婚女性が不倫をする心理はどういうものなのでしょうか?これは実に簡単! 寂しいからです。

彼女たちのいうところの「寂しい」とはは

  • 旦那が仕事ばかりで私のことを見てくれない
  • 話しかけても冷たくされて、たまの休みも家でごろごろしてるだけ
  • 恋人自体は優しかったのに、いまじゃそのかけらもない

といった理屈ですね。あくまでも「自分は悪くない」という気持ちが大前提にあるのが特徴的です。よくよく突き詰めてみれば女性側にも問題があることも多いのですが、それは完全に無視です。不倫をしてしまうのは自分のせいではなく「寂しくさせている旦那のせい」といった、とても都合のいい思い込みがあるのです。

未婚女性と同様に、一度不倫をしてしまった既婚女性は、何度も繰り返してしまう傾向にあります。もっとも、これは男性にも同じことがいえますけどね。一度でも不倫セックスを経験してしまうと、ノーマルなセックスで得られる刺激ではとてもじゃないけど満足できなくなります。不倫はそれだけ蜜の味であり、禁断の果実と言えるでしょう。

「寂しい」の次にくる不倫をしてしまう理由は「欲求不満」です。実は、人間の性欲は男女差が大いにあります。男性であれば誰しもがわかると思いますが、10代後半あたりの思春期真っ只中の性欲はそれはもうすごいものでしたよね?

男性の性欲のピークはまさにここです。ちょっとピーク早すぎませんかね……? 残念なことに、その頃の同年代女性はあまり性欲がありません。お互いに高まっていたら、もう少し充実した青春時代を過ごせていた男性も増えたでしょうに。

男性は20歳を過ぎた頃から、ゆるやかではありますが徐々に性欲が落ちてきます。よく言われるのは「30歳になる頃に性欲の衰えを実感した」という話ですが、このグラフを見ると、まさに男女の性欲が交差している瞬間です。

肉体的にも徹夜が辛くなったり、筋肉痛にタイムラグが発生したりと、いろいろ体力の曲がり角を実感する頃合いです。男の性欲は20歳をすぎれば落ちる一方なのです。もちろん、私のような例外もありますけどね(笑)

女性は10代後半からゆるやかに上昇していき、30歳あたりまで性欲は増加し続ける一方です。だいたい30歳~35歳あたりで性欲のピークを迎えると言われています。

男性はその頃、すでに性欲は衰える一方なのですから、このあたりで性欲に対する逆転現象が起こります。男性の30歳~40歳といえば仕事ざかりの時期でもありますし、マンネリな妻とのセックスをするくらいなら仕事をしていたいと考える男性も多いのかもしれません。

このセックスに対する意欲の差が中高年夫婦におけるセックスレスにつながり、普段の生活においても気持ちのすれ違いが多くなる原因となっています。

それに、もし40歳の男性に旺盛な性欲があったとしても、妻にそれを向けるとは限りません。その年不相応な性欲を20代の若い女性に向ける男性も多いわけですから……。性欲を持て余してしまう人妻は増え続けるいっぽうなわけです。

性欲を持て余してしまった人妻は、出会い系に救いを求めて駆け込むしかありません。たまに見かける「セックスがしたくてたまらない人妻」はこうして生まれるわけですね。

女性が不倫相手として選ぶ男性は圧倒的に40代以上の男性が多い

熟女が若い男を捕まえている……俗にいう「若いツバメを囲っている」なんてのは、全体で見ればかなりの少数派です。未婚女性にしろ、既婚女性にしろ、不倫相手として選ぶのは40代以上の男性がほとんどなんです。

その年代の男性といえば、仕事である程度の地位や信頼を得て、人間的にも自信や気持ちの余裕が生まれてくる頃です。40歳のことを不惑ともいいますし、人間としてひとまずの完成形を迎える年代ともいえるでしょう。

そして、自分に自信や余裕をもつ男性は女性から見てたいそう魅力的に映るものなんです。そんな年上の男性を見ると「この人と子作りをしたい……セックスをしたい!」といった気持ちが本能的にビビビッとくるそうですよ。これはもはや本能なので、常識や理性ではなかなか抑えられないものがあるみたいですね。

それに、不倫という関係はお互いにリスクがある関係です。若くて社会経験のない男はいまいち頼りなくて不安になりますが、いろいろな経験を積んだ年上の男性であれば、きっと「この人ならきっと大丈夫」と安心感を得ることが出来るのでしょう。

男性側が不倫相手の女性を選ぶ時は20代の未婚女性にしろ、40代の既婚女性にしろ、好きに選ぶことができます。女性側が求めているのは中高年男性であることが多いので、こちらは「選ぶ側」の立場なのです。

不倫関係がからまない、一般的な恋人同士の関係でしたら、若い男のほうが圧倒的に有利なことでしょう。しかし、不倫がからむ関係であれば中高年男性のほうが圧倒的に有利であることを覚えておきましょう。

自分の得意なフィールドで戦ったほうが、より良い結果をより少ない手間で得ることができます。不倫を求める女性の心理がわかっていれば、落とすことは簡単なのですから。

中高年は恥ずかしさを捨てればうまく行く

出会いは欲しいけど、いい歳をして出会い系を使うのは恥ずかしい。あれは若い子のやることだろうと勝手に決め付けていませんか?

結論からいって、中高年・熟年が出会いを欲するなら、大手出会い系サイトを利用することがもっとも安全確実です。

なぜなら、そこには年上男性を探している若い女性もいれば、同年代の男性との出会いを望んでいる熟女が多数登録しているからです。

しかも、出会い系サイトに登録することは恥ずかしいことだと考える中高年がまだ多いことから、ライバルが少ない年代でもあるからです。

このように、すでに答えが出ていながら、すんなりとは行かないのも人間ですが、それがどれだけもったいないことかを見ていきましょう。

中高年の恥ずかしさにつけ込んだ出会い系に潜む罠

もちろん出会い系と一口に言っても種類は豊富です。

中高年が抱いている、「出会いは欲しいけど、今さら若い子に混ざって出会い系に登録するのも恥ずかしい」と言った、恥ずかしさを巧みに読み取って、中高年でも登録しやすくした出会い系も存在します。

いわゆる中高年専門・既婚者専門と称する出会い系サイトがそれです。それを見て、専門サイトなら若い人がいないから、中高年でも恥ずかしくないなと思い込む人もいるわけですね。

そこでまず、こうしたサイトの特徴ですが、とにかく利用料金が高額設定されていることが挙げられます。

何に対して高額かといえば、実績のある大手出会い系サイトと比べての話になります。女性に送るメール1通に要する料金設定だけを見ても、数倍は当たり前、中には10倍に達しているような中高年専門サイトも存在します。非常に高額です。

だいたい大手の出会い系サイトであれば、メール1通は50円くらいで送れます。ところが専門サイトだと、500円くらい請求されるので驚きます。

その上、こうした高い料金を取っていながら、専門サイトではなかなか出会えない点はもっと問題です。理由は分かりませんが、出会えたという話はほとんど聞きません。

では、安全確実な大手老舗サイトが出会い系業界においてほぼ収斂して来ているにもかかわらず、どうして高額料金を払ってしかも出会えない専門サイトに中高年は登録するのでしょうか。

ひとつの答えは、大手の良さを知らないが故の無知によるものです。もし、知っていたなら羞恥です。専門サイトはそこを狙って来るのです。

少し閲覧しただけのアダルトサイトから高額の料金請求をされて、いわれるままに支払ってしまうトラブル例が後を絶ちませんが、これなども被害者側に羞恥があるから成り立つ犯罪です。

こうしたトラブルに巻き込まれないためには、大手出会い系サイトに登録することが、何も恥ずかしいことではないことを知ればそれで十分です。

冒頭述べましたようにそこには、年上男性を探している若い女性もいれば、同年代の男性を探す熟女もいます。ここに登録をせずに、他にする場所はないくらいのものなのです。

人妻が本能的に求めているのは◯◯な男だった……?!

m15080501s

いくら出会い系だからといって、会えれば誰でもいいというワケではないですよね。

かわいい自撮り画像をもらって意気揚々と待ち合わせ場所へ行ったら、そこには似ても似つかないようなブスでデブなババアが待ち構えていた……。なんて経験は出会い系をある程度楽しんできた人にとっては誰しもが通る道ではあります。よほどのデブ専やブス専でない限り、二度とそんな嫌な経験はしたくないもの。

でも、それは女性だって同じこと。変な人には会いたくない。むしろ、体格で劣る女性であればことさら慎重になるのが普通でしょう。それに、出会い系においては女性は基本的に売り手市場です。つまり、男は選別される側なわけですね。

では、いったい男のどこを見て「消去」しているのでしょう。ライバルが10人いたとしたら、あなたはそこから勝ちのこれる自信がありますか?出会い系は椅子取りゲームのようなものです。

何十通というメールから少しずつ選別されていって、最終的に会えるのは数人のみ。もしかしたら一人だけかもしれません。出会い系なのですから、最終的に出会えなければ何の意味もありません。

そんなモテる男になるための生き残りのサバイバルレースに勝つための大事なポイントをお教えしたいと思います。

その1.口が堅そうな男

人妻が出会い系で他の男と会うのは不倫以外のなにものでもなく、決して口外してはならない関係です。爆弾ともいえる秘密を共有する相手が、口の軽い男だったら警戒してしまいますよね。聞かれたこと以外、プライベートな事は話さないのがベターです。特にやってはいけないのは「この前この出会い系で会った人は……」なんて風に、他の女性を引き合いに出すことです。

そもそも、女性は「昔の女」と比べられるのをひどく嫌います。比べられて不快になるだけでなく「この人は過去の男女関係をこうも簡単に話してしまうんだ……」と、口が軽い印象を与えてしまいます。「こんな感じで私との関係も、他の人にしゃべっているかもしれない」と思うわけですね。最近では特に個人情報に対する意識も高まっていますからね。

あなたが既婚者であれば、妻の悪口や愚痴を言うなんてのも良くないですよ。女という生き物は、女性同士でこの場にいない女性の陰口を叩くのは大好きですが、たとえ同じ内容だとしても男性が女性を叩くのはムッとするものなんです。「なによ、女の苦労もわからないくせに!」なんて風にね。

なんだその理不尽さは!と思うかもしれませんが、その通りなんです。女ってのは理不尽な生き物なんです。ですから、こちらの常識やものさしで図ろうとしないことが大切です。

その2.自分の話を聞いてくれる男

それなら、なにを話せばいいのか?その答えは簡単です。なにも話さないでいいんです。

女性は誰かの話を聞くことよりも自分の話を聞いてくれることのほうが、圧倒的に大好きなんです。女性が3~4人集まったら、そのままずっと数時間しゃべり続けるなんてことはざらにありますよね。

あれはずっと同じ人が話しているわけではありません。持ち回り制でやっているんです。「あなたの話を聞いてあげたんだから、今度は私の話を聞いてよね。」というループを延々と続けているわけなんですね。

ですから、こちらからは聞かれたことだけを答えて、あとは相手に話をさせればいいのです。一流のホストはこの「聞く力」が非常に優れているそうです。ホストに必要なものは、ルックスよりも女性を接待するコミュニケーション能力です。ちょっとブサイクでも、優れた「聞く力」があればNo.1ホストになれることは珍しくないと言われていますから。

「とはいっても、なにを聞けばいいのか……。気の利いた質問なんて思い浮かばない」と感じてしまいますよね。別に池上彰さんに質問するわけじゃないんですから、適当でいいんですよ(笑)「最近なにかおもしろいドラマや映画ってあった?」や「◯◯さんを動物に例えるとどんなかんじ?」なんて子供っぽい質問でもいいんです。自分の好きなものや、自身のことを話せるきっかけを作ってあげればいいんです。

でも、「仕事はなにをしているの?」「お子さんはいるの?」なんて質問は絶対にNGですよ。彼女たちは退屈でつまらない現実から逃れたくて、出会い系というユートピアに「逃げこんで」きているわけです。

それなのに、逃げ込んだ先でも現実のことを聞かれて気持ちが引き戻される。そんなことを彼女たちは求めていません。家庭や私生活に関することはこちらからは聞かないようにしましょう。

個人的に、必殺の質問として使っているものを紹介したいと思います。それは

「◯◯さんは元気で明るいメールを送ってくれて、僕も元気づけられてます。でも、なんだか時折つらそうというか、さみしそうな一面を感じることがあって……。なにか悩みでもあるんですか?話して楽になることなら、僕でよければ聞かせてくださいね」

というものです。これは誰にでも当てはまることを、それらしく言っているだけです。占い師などがつかう話術のひとつで、コールド・リーディングと呼ばれる手法のひとつです。

コールドリーディング

コールド・リーディング(Cold reading)とは話術の一つ。外観を観察したり何気ない会話を交わしたりするだけで相手のことを言い当て、相手に「わたしはあなたよりもあなたのことをよく知っている」と信じさせる話術である。「コールド」とは「事前の準備なしで」、「リーディング」とは「相手の心を読みとる」という意味である。

Wikipediaより引用

スケール的にはあまりにも小さなコールド・リーディングですが、基本的な仕組みは同じです。悩みなんて大なり小なり誰だって抱えているものですし、家庭があるのに出会い系に登録するような人妻は、100%なにかしらの問題と悩みを抱えています

「周りの女は幸せそうなのに……なんで、自分だけがつらくて寂しい思いをしなきゃいけないんだ。どうして私だけが!」という被害者意識も強いです。そんな気持ちを、ちょっとつついてあげるだけでいいんです。

「まだ私のことそんなに話してないのに……どうして、私がつらくて寂しい思いをしていることがわかったの!?この人なら、私のことを大切にしてくれるのかもしれない……」

なんて思ってしまうんですよ。普通に考えたらアホすぎる構図なのですが、なにせ出会い系は普通ではない非日常空間なのですから、こんな雑な手がおもしろいようにハマるんです。どうですか?チョロいですよね(笑)私はこの手で何十人もの人妻をいただくことができました。はっきり言って、めちゃめちゃ効きますよこのフレーズは。

その3.お金を持っていそうな男

お金はあるにこしたことはありません。安いファミレスよりも、夜景のきれいな高層レストランにつれていったほうが確実に好印象を与えられますしね。ケチる必要がないくらい稼ぎのある人であればそれでいいですが……でも、出会い系で会うような女にはなるべく使いたくないっていうのが本音ですよね。

それなら、使わなければいいんです。お金持ちな雰囲気だけを出して、財布は出さない。これが出会い系でもっとも効率の良いモテかたです。どうせ、人妻との関係なんていうのは長続きはしないものなんですから、すべて真実を伝える必要はありません。要するに、ウソをついてしまえばいいんです。

出会い系によっては自分のプロフィール欄に年収を記入する欄があったりします。なんともダイレクトで下品な項目ですが、女性が気にするのもソコですからね。私はいつも「年収800万」くらいを目安に設定しています。高すぎず、低すぎず、ちょうどいいラインだと思うのです。

身長で言えば178センチといったところでしょうか。高身長な男性はモテますが、実際に女子ウケがいい理想の身長は178センチだと言われています。年収が1000万を超えてしまうと、相手の期待もだいぶ上がってしまいます。ほどほどに抑えておき、リアリティを演出するのがコツです。

そしてファーストデートくらいはチェーン店ではない、ちょっとおしゃれなお店に連れて行くのがいいですよ。さすがに初めて会ったばかりの女性をワタミや白木屋に連れて行くのはみっともないですから。

相手の都合にもよりますが、可能であれば最初に会うときは1時間程度の予定でカフェにするのがベストです。もしハズレが来てしまったとしても、1時間であればなんとか我慢出来る範囲ですし、カフェなら全額おごったとしても1000~2000円くらいですから。

もし、お互いに気に入って二回目のデートがあるのであれば、先程も書いたようにちょっとおしゃれなお店につれていくのが、一番合理的な流れです。

その4.自分のことを褒めてくれる男

人妻は誰かから褒められる機会が本当にありません。専業主婦であれば、そもそも他者と関わる時間がほとんどありませんし、せいぜいママ友くらいなもの。家庭内が円満で充実していればそちらを拠り所に頑張れますが、そうでない場合はまさに八方ふさがり。そんな追い詰められた状態の人妻が出会い系に続々とやってくるわけです。出会い系は人妻の難民キャンプとも言えます。

人妻のことはまず褒めてあげてください。それは難民にとっての温かいスープのようなものです。誰だって人から褒められれば嬉しいものですし、自分のことを認めてくれた・自分には価値がある、という自己肯定が出来るようになります。それは何よりの快感だったりするんです。

ちょっとした会話の中でも、褒められそうなところがあればすかさず褒めておくのです。

「今日は朝から掃除してて腰が痛くなっちゃった」

「おつかれさま!男は掃除をしてくれて当たり前なんて思っちゃいがちだからね……。部屋がきれいなのは◯◯さんが腰を痛めてまで掃除してくれたってことを感謝しないとね。ご褒美に腰をマッサージしてあげたいくらいだよ(笑)」

と、わざとらしいくらいのねぎらいの言葉と、ベッタベタなちょいエロトークを挟む。かなり理想に近い返信だと思います。こんな感じで、読み返すとちょっと気恥ずかしくなるくらいのメールってのがちょうどいいんです。人妻が求めているのは非日常と癒やしなのですから。

その5.リードして引っ張ってくれる男

肉食系女子なんて言葉も定着してしまいましたが、出会い系において肉食系女子はあまり見られません。なぜかといえば、わざわざ女性側からアプローチをしなくても、男性側からどんどんメールが送られてくるからです。

もともと肉食系女子という言葉は草食系男子に対抗して生まれた言葉です。手を出してこない情けない男に業を煮やして、それならこっちから行ってやる!というのが肉食系女子です。

ところが、出会い系に草食系男子はいません。正確にいえば、草食系男子はいたとしてもカウントされません。彼らは草を食べるどころか、なにも食べないのです。それこそ、ただそこに生えているだけの草でしかありません。出会い系に登録しているのに自分から手を出さない、アプローチもしない。やることといえば、掲示板に書き込みをして女から声をかけてくれるのを待つだけ。そんなの、サクラしか相手にしてくれませんよ。

ですから、これを見ている男性諸君は必ず自分からアプローチしてください。がっついているようでみっともない、なんて思わないでください。むしろ、出会い系においてがっついていないことこそが恥ずかしいことなんです。

Mな女性とSな女性。どちらが多いかといえばそれはもう圧倒的にMな女性なわけです。もともと女性は受け身な性質なんです。今も昔も、モテているのは例外なく積極的な男性です。

どうしても日本人は失敗を恐れて、恥をかくことをなるべく避けようとします。例えば、ナンパなんかはまさにその典型的な例ですね。ナンパは苦手、したことがない、という人は女性から断られて傷つくのが怖いだけなんです。女とセックスはしたい。でも自分が傷つくほうが嫌だ。そんな気持ちを天秤にかけて、結局なにもしないことを選ぶのです。

でも、ナンパをする人はいくつもの恥を乗り越えています。そして、乗り越えた結果としてセックスをしまくっています。出会い系で声をかけるのは、路上ナンパに比べたら精神的には全然ラクです。顔を合わせた状態で断られるより、文字で断られるだけのほうがダメージはずっと少ないですからね。

それに、ある程度の人数にフラれてくると神経が図太くなってくるのか慣れてくるのか、ほとんどなにも感じなくなります(笑)ある意味では、そこからがスタートといえるかもしれません。フラれることを恐れなくなった時の男はとても強いですよ。

銃弾飛び交う戦場があったとしましょう。撃たれるのが嫌でじっとうずくまったままの新兵と、撃たれて上等といわんばかりにガチガチの防弾装備をつけて戦場に飛び込む歴戦の勇者。どちらがより戦果をあげられるかと言えば、後者に決まっています。銃弾で撃たれたら死んでしまいますが、出会い系でフラれても死ぬことはありません。

1回もフラれずに済むけど1回もセックスが出来ない人生。1000回フラれるけど、100回セックスが出来る人生。はたして、どちらが勝ち組と言えるでしょうか?それをあなたは今から選ぶことが出来るのです。

50代・60代こそ貪欲に出会いを求めて!出会い系サイトを利用しよう

若いときは異性に対して強い興味もあったし、それなりに遊んだという中高年のみなさん。

果たして、最近はどうでしょうか? 以前の勢いが衰えて、何だか刺激のない毎日が、当たり前のようになっているのではないでしょうか。

最近の芸能界は【不倫ブーム】が起きていますが、それは一般の方々の間でも同じ現象のようです。夫や妻がいても、子供がいても、いつまでも自分が【男】【女】であることはけっして忘れてはいけません。

そこでオススメするのが【中高年の出会い系サイト利用】です。50代・60代こそ貪欲に出会いを求めて、身体も心も刺激的な毎日を送っていきましよう!

異性との出会いがボケ防止に効果的!

中高年のみなさん、少しでも若々しくいるために積極的に【恋愛】をしていきましょう。実は、異性を好きになるということは、ボケ防止に非常に効果的なのです。

その理由は2つ考えられます。1つ目は性ホルモンが活性化するため、心も身体も若返りが図れるからです。顔を思い浮かべながらウキウキしたり、手が触れあってドキドキしたりという刺激的な日々が、ボケ防止にとてもよい効果を生み出します。

2つ目は、精神的な支えが出来ることによって生まれる自信です。この人のために何かしてあげたい、この人には私が必要なんだという想いが、ボケることすら忘れさせてしまうのかもしれませんね。

出会い系サイトを利用して、セックスフレンドを作るのもあり!

最近の中高年のみなさんは、結構元気です!

出会い系サイトを利用して新たな出会いを見つけて、さらにセックスまで楽しんでいるというのですから。

中高年夫婦が抱える悩みの1つに【セックスレス】があります。パートナーとセックスしたくてもそんな雰囲気ではないし、むしろセックスしたいなんて気持ちにもなれないのです。

しかしながら、セックスはホルモンを分泌させるので、ボケ防止には最適です。

そこで、出会い系サイトを利用して、身体だけの関係を楽しむセックスフレンドをお作りになってはいかがでしょうか?

平凡な毎日を過ごしていては、セックスフレンドはできません。出会い系サイトなら、セックスフレンドが欲しくて利用している人がたくさんいるので、高確率でゲットすることができます。パートナーとの性生活に悶々としているのなら、是非出会い系サイトを利用してはいかがでしょうか?

無料の中高年専門出会い系サイトには、危険がいっぱい

しかしながら、注意してほしいのが【悪徳出会い系サイト】です。

「無料で素敵な出会いをプレゼント!」「登録無料」などの甘い言葉で、利用者を引き付けようとするサイトはNGです。お金を支払わずに、女性との出会いをゲット出来るなんて甘い話はありません。サイト運営者の罠にはまらないようにして、利用していきましょう。

いかがでしたか?今回は【中高年の出会い系サイト利用】についてお話しました。ボケ防止のために何か始めないとと思うのなら、是非出会い系サイトを利用してみてください。身体も心も刺激を受けて、内側から生き生きとしてくるはずです。

人妻をセフレにするためにはアブノーマルセックスが一番!

41gkls2rkgl-_sx342_

人妻はなぜ出会い系を利用するのか?寂しかったから、欲求不満だったから、なんとなく、と様々な理由があると思いますが、根底にあるものは「刺激が欲しくて」という部分にあると思います。

若い頃は若いというだけでチヤホヤされていたものの、人妻になってしまうとその機会は激減してしまいます。昔はよかった……と思い出に浸るだけでは満足できなくなってしまい、出会い系でのリアルな出会いを求めてしまうわけですね。

最初は出会うだけでも十分な刺激を得られていたのに、出会ってエッチすることを何度も味わっていくうちに次第に、それだけでは十分な刺激を得られなくなってしまいます。

何事もマンネリ化というものがありますが、まさにそれなんですね。ただでさえ日々がマンネリだから出会い系に登録したのに、そこでもマンネリになってしまった。そんな人妻たちにさらなる刺激を与えるためにはどうしたらいいのか?そのときに候補にあがるのが、このアブノーマルなセックスなんです。

なにせ、今の時代は男のほうがよっぽどロマンチックになっているのですから。

激変する「不倫」事情〜男が恋を、女は刺激的なセックスを求める時代

一方で、既婚女性は「結婚生活と恋愛は別」と割り切っている。もともと若いときに「恋愛至上主義」時代を過ごしたバブル世代が、今の不倫市場の主役なので、双方が既婚のダブル不倫が目立つ。

かつて男性に「妻とはできないことは何か」を問うと、「ちょっとアブノーマルと言われているようなセックス」と答え、女性は「夫とできないのは“恋”」と言ったものだった。

今はほぼ逆転現象が起こっている。女性たちは情熱的で自分が激しい快感を得られるセックスを求め、男性たちは「魂が触れあえるような心の交流」、つまり「恋」をしたがっているのだ。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/49854

いまは本当に、セックスを求める女性が増えました。出会い系で遊んでいると、つくづく実感しますよ。「ああ、大和撫子は死んでしまったのだ」と。

ちょっと変わったエッチをしてみませんか?という誘い

アブノーマルセックスをしたことがある人ってのはかなり少ないんです。私が実際にいろんな人妻に初めてのアブノーマルセックスの手ほどきをしてきたのですから、実体験として間違いありません。

そしてほぼ例外なく、出会い系に登録しているような人妻というのは、アブノーマルなセックスに興味を示してきます。退屈だから出会い系に登録しているんです。この、何も起こらない日々を変えたい。そんな思いから登録している人妻がほとんどです。

そんな日々を塗り変えてくれる刺激の中でも、もっともわかりやすく「非日常」を感じられるのがこのアブノーマルセックスなのです。

ですから、出会い系であった人妻相手にセックスをする時、アブノーマルなセックスを提案して嫌がられることはまずありません。むしろ、目を輝かせて待ちわびるくらいです。

とはいっても、スカトロプレイだったり荒縄を使った緊縛プレイのような本格的なものというのは求めていません。そういったハードなSMプレイというのは別世界のことであり、あくまでも日常の延長線上にある非日常を楽しみたいだけなのです。

「ふつうのラーメンを注文したら、チャーシューをおまけしてくれて嬉しかった。また行こう!」

これが出会い系におけるアブノーマルセックスなんです。ふつうのラーメンも食べ飽きてたところにチャーシューが乗っかるだけで、まるで別モノのような満足感を得て、リピーターになってくれるのです。

「ふつうのラーメンを注文したのに、カレーを出された。なんなのココ!もう行かない……」

相手が望んでもいないハードなSMプレイをしても、こう思われてしまうだけです。あくまでも自分がしたいアブノーマルセックスをするのではなく、相手が望んでいるプレイを提供してあげる気持ちが大事です。

いわゆるソフトSMプレイが人気

ソフトSMでしたら喜んで受け入れてくれます。ソフトSMはいわゆる目隠しプレイだったり、手首だけを軽く縛るプレイだったり、ローションを用いてみたりといった、手軽に始められるプレイのことですね。

専門的な道具を必要としないので、心理的な抵抗もほぼありません。カバンの中から、いきなりごっついカタチをした極太バイブなんかを取り出された日には誰だって引いてしまいますからね。でも目隠しや手首を縛るだけなら、ネクタイだったりハンカチだったり、日常的に持っている物で代用できるのです。

女性の多くはネクタイを男性的な象徴としてみていますからね。男性の好きな仕草として「ネクタイを外すときの仕草」はもはや鉄板とも言えます。その仕草を見せられつつ、そのネクタイでそのまま目隠しなり手を縛られたりすれば女性は大興奮!いままでこの流れで拒否されたことはただの一度もありません。

サプライズでアブノーマルセックスを行うのもいいですが、あらかじめメールの中に織り交ぜておいて期待させておくのもいいでしょう。

会う前の軽いエッチな話として、これまで変わったプレイをしたことがあるか?なんて話題を振ってみることをオススメします。おそらくは、あまり経験をしていない人がほとんどでしょう。

「◯◯さんはこれまでに変わったエッチってしたことありますか?」

「そんなことはしたことないです……。」

「そうなんですね、実は僕もなんです。でも、もし少しでも興味がおありなら……ちょっと変わったことしてみませんか?」

といった誘い方をすれば自然ですし、相手の期待感も高まります。これがうまくいけば「会う=セックスする」が前提として成り立ちますからね。

いちいち複数回のデートを経て口説く必要もなくなりますし、相手に刺激的なセックスを提供することでまた会いたいと思わせることも可能ですし、オススメですよ!

出会い系では美人妻も、自称美人妻も、恋愛に夢中

出会い系サイトの良さは誰もが思い切り自由になれることでしょう。閉塞した現代社会の中では、自由はほんとうに重要なことです。

逆に言えば、せち辛い世の中ですから、生きていく上で不自由な思いをすることがたくさんあるのが人生です。

それは人妻とて例外ではありません。

男から見ると人妻なんて、旦那の稼ぎで自由気ままに暮らせて結構なご身分だなぁと思いがちですが、当の人妻にすればその何不自由ない生活の安穏さが、かえって仇になっているなんてこともあるんですね。

とりわけ自分で自分のことを美人だと自惚れているような人妻にとって、安穏な家庭生活ほど味気ないものはなく、女にとって必要なものはいくつになっても恋愛だと、本気で思いながら毎日を過ごしていたりするものなんです。

ただ、ここで注目すべき点は、美人とはあくまで自称だと言うことです。

男から見ればよほどのブスでも、女は自分のことがブスだとは思っていないという驚愕の事実があります。

中国のことわざにあるように、「男は自分がバカであることが分かっておらず、女は自分が不美人であることが分かっていない」とは、男女の本質を言い当てた至言です。

要するに、ブスでも頭の中は美人と変らないということです。

どんな女の頭の中にも、恋愛への憧憬は捨てがたく張り付いているということです。

普段は不自由な生活の中で押さえつけているというだけで、何かの機会にそこから自由になれば、たちどころに女の頭はこの観念によって支配されることになります。

出会い系に入り込んだ人妻が、恋愛にうつつを抜かす心理がここにあります。誰彼の区別なく、出会い系にいる全ての人妻の頭の中には、「恋愛」の二文字が必ず潜んでいるものなのです。

恋愛を夢見る美人妻・自称美人妻

出会い系にいるような美人妻、あるいは自称美人妻の頭の中は、大衆恋愛小説のジャンルで一世を風靡したハーレクイン・ロマンスや性描写を含んだマンガが人気のレディースコミックの物語でいっぱいです。

どちらかと言えば、本物の美人妻より、自称美人妻においてこの傾向は一段と強いものになります。

それはそうですね。生まれながらの容貌によって恋愛の自由を実質奪われたまま結婚に至り、旦那との間に性生活が営まれた結果、身体だけは女として開発されてしまったのですから。

結婚によって女としての喜びを知ったものの、旦那は最初から恋愛感情の対象でなかったために、結婚生活では得られない恋愛体験を、出会い系サイトに求めているのだとも言えます。

それで美人妻も自称美人妻も、出会い系サイトにいる人妻は等しく恋愛に非常に強い関心を抱いています。

だから人妻を相手にする際のキーワードは「恋愛」になるのです。

嘘でもいいから恋愛感情を満たしてあげる

人妻は、恋愛感情に対する憧憬を持って出会い系サイトにいるわけですから、最終的に身体の関係になるにしても、いきなりアダルトな接し方がまずいことは言うまでもありません。

出会い系にいる肉欲に支配されたような人妻でも、最初から下ネタを振ろうものならたちどころに嫌がって却下してきます。

それほどまでに女の恋愛に対する憧憬は強いものがあります。

ですから、やり取りの期間がどんなに短くても、わずかながらでも恋愛感情を忍ばせてあげるのが、美人・自称美人を問わず人妻の相手をする際の要諦になります。

かと言って難しい話ではありません。出会い系の人妻の相手をするのに、わざわざハーレクイン・ロマンスを読んでおく必要もありません。

人妻は、出会い系サイトに登録をした時点で半ば恋愛の夢を見ている状態ですから、相手をするには恋愛という媚薬を盛ってワンプッシュするだけ、背中を押すだけで簡単に落ちてくれます。

誰が背中を押すかは、実はたいして問題ではありません。その時々に居合わせた人がすればいいだけです。浅薄に思えるかもしれませんが、出会い系サイトとは本来がそういう世界なので、あまり堅く考える必要はありません。

ただ、本物の美人妻は相応に人気がありますから、早い者勝ちになるきらいはなくはありません。しかし、そうであっても現在の出会い系にいる人妻の数は夥しいものがありますので、焦る必要はまったくありません。すぐ次が出てきます。

人妻とは焦ることなく恋愛を楽しむゆとりが大事

出会い系にいる人妻との恋愛関係は、つまるところ肉体関係です。これなくして人妻との恋愛は成り立ちません。それほど出会い系にいる人妻は肉欲的です。ただ、それでいて恋愛を望むのです。

いうなれば、あからさまな肉欲を恋愛というオブラートに包んで、見てくれを良くしたいという心理が女心だとすれば、出会い系サイトにいる人妻はまさにそれなわけですから、そこは察してあげなくてはなりません。

それさえ押さえて接していけば、出会い系にいる人妻とは、やれないはずがないようなものなのです。

繰り返しになりますが、人妻が出会い系にいるのは、美人妻・自称美人妻を問わず恋愛がしたいからです。恋愛をしたがるのは、肉体関係が欲しいからです。

最終到達点がそこにあることが、やる前から分かっている話をするのですから、焦る必要などまったくないわけです。逆に焦る男は嫌われるんです。出会い系の人妻を相手にする際に大事なことは、焦らず恋愛を楽しむことです。自ずと一番欲しかったものが手に入ります。

夏の出会いやすさは異常!不倫してでも夏セックスをしたがる人妻たちの心理

o05070338e1375175031819_1

1年を通じてもっとも不倫の出会いが増える季節がいつかご存知でしょうか?それはクリスマスがありひと肌恋しくなる冬……と思うかもしれませんが、実はそうではありません。圧倒的と言えるほど、夏が多いんです。

夏は薄着になって身も心も開放的になるから!なんてそんな安直な……と思うかもしれません。でも、実際そうなんです。夏って浮かれちゃうんですよ。どうしても。ひと夏のアバンチュールなんて言葉がありますが、それをもっとも謳歌しているのは若い女性よりもむしろ熟女や人妻の方が多いことでしょう。

その証拠に、7月辺りから掲示板の投稿数がとても増えているのにお気づきでしょうか?夏休みに入った女子高生や女子大生たちが投稿している分もありますが、女子小学生や女子中学生を子に持つ親だって投稿しているんです。

遊びほうけている我が子をみて、うらやましい……。なんて思うわけですね。私だってまだ女なんだから!と娘に張り合っちゃう母親だっているんです。なんなら母娘丼のチャンスすら……あるかもしれませんよ!

それにお盆の辺りになると、仕事が休みになった旦那が1週間以上も家でダラダラ過ごすわけですね。そんな旦那を見てどう思うでしょうか。仲のいい夫婦であれば二人の時間ができたね、なんて言って楽しい時間を一緒に過ごせるかもしれませんが、今はそんな家庭はむしろ少数派ですからね。

旦那は旦那で嫁に小言や愚痴を言われて気分が悪いし、嫁は嫁で普段は一人でリラックスできていた時間に旦那の面倒を見ないといけなくなりこれもまたストレス。

そんなストレスからお互いに出会い系に走ってしまうわけですね。夏はこのように「出会い系を利用したくなる」要素がいろいろ詰まっているんです。利用する女性が増えるのであれば、それは出会えるチャンスが増えるのと同じこと。夏の出会い系は入れ食い状態!特に夏はセックスまで持ち込むのが一段と簡単になる季節でもあります!

夏ならではの人妻の落とし方と、出会い系の利用法をここで考えてみたいと思います。

不倫だってかまわない!むしろ不倫がしたい!と意気込む夏の人妻たち

最新のアンケートで驚くべき結果がでていました。それは、不倫をしてでも夏の出会いを楽しみたい!と考えている女性がとても多いというデータです。

彼氏ナシが73%・不倫でもいいので恋をしたい真夏の恋愛大調査!

【結果サマリ】
・パートナーがいない人の割合が73%で、62%はパートナーを作りたいと考えている
・出会いを探す手段は、「友人の紹介」が最多。街コン、マッチングサイト、婚活パーティと続く
・不倫について、経験者は全体の73%。「場合によっては仕方ない」「しても問題がない」が65%に
・別れた彼氏からのプレゼントは「使い続ける」が最多

d16411-10-914521-1

<【もうすぐ夏、あなたの恋愛は…】>の問いについては、「パートナーはいないし、作る予定もない」(11%)、「パートナーはいないが作り たい」(62%)の合計で、パートナーが現在いない方が73%に達しました。一方で、「パートナーはいるが、違うパートナーを見つけたい」が8%と、夏に 新しい出会いを見つけて、乗り換えたい人も一部いることがわかりました。

<【この夏、どうやって出会いを見つける?】>の回答は割れましたが、一番多かったのは、「友人/知人からの紹介を頼る」が24%でした。「合コン」の 11%も含めると、合計35%が友人/知人の紹介に頼っていることがわかります。以下、回答数が多かった順に「街コン」(19%)、「婚活パーティ」 (14%)、「SNSを利用したマッチングサイト」(13%)と続きます。

リアルの場ではない、オンラインでの出会いを探す人が、「SNSを利用したマッチングサイト」と「出会い系サイト」を合わせて16%、残りの84%はリアルの場で出会いを探していることがわかります。

http://www.jiji.com/jc/article?k=000000010.000016411&g=prt

データでも証明されてしまいましたが、とにかく夏は出会いたい、セックスがしたいと思ってしまう女性がとても多いようです。それはなにも未婚女性に限らず、人妻でさえそう思っている……というより、むしろ人妻ほど強く思っているといえるでしょう。

それに、「出会いをどう見つけるか」においてもSNSや出会い系を使いたいと思っている人は実に16%もいますし、未婚女性ならまだしも友人からの紹介や合コンでの出会いがまったく望めない人妻という立場であれば、それはもう実に80%以上がネットでの出会いを求めているのではないでしょうか?

なぜこうも夏にセックスがしたくなるのかといえば、それは日光を浴びることによってセロトニンという脳内物質が分泌されるからだそうです。セロトニンは主にセックス中に分泌されることが多く、俗に「幸せホルモン」と呼ばれています。

これが分泌されればされるほど幸福感や気持ちの落ち着きを感じられるそうなんですね。なのでうつ病の人向けの抗うつ剤として、このセロトニンが含まれた薬が多く流通しているくらいです。

セロトニンとは『ノルアドレナリン』や『ドーパミン』と並んで、体内で特に重要な役割を果たしている三大神経伝達物質の一つです。
セロトニンは人間の精神面に大きな影響与え、心身の安定や心の安らぎなどにも関与することから、オキシトシンとともに『幸せホルモン』とも呼ばれます。
セロトニンが不足すると、うつ病や不眠症などの精神疾患に陥りやすいと言われています。

そんなセロトニンを自力で生み出すためには日光を浴びるか、セックスをするか、あるいはその両方を同時にこなすか……(笑)いずれにせよ、夏が最適というわけですね。このセロトニンは目に見えて効果を体感できるようなものではありませんが、脳内には確実に快楽を与えてくれます。

夏の日差しを浴びてセロトニンが少しずつ分泌されだすと、もっとセロトニンが欲しい……と身体が求めだすわけですね。そうするともう一つのセロトニンの分泌手段であるセックスへの欲が深まってくるわけです。

新規入会の女性会員を狙い撃ちしよう!

まさに今この時期に登録してくるような女性は、出会いを強く求めているといって過言ではありません。最近の出会い系サイトであれば、女性会員検索なんてものがついていたりします。

サイトによっては直近のログイン順であったり、登録順で並べ替えが出来たりもします。ログイン順であれば、今まさに活動しているアクティブな女性がわかりますし、登録順であればまだ誰ともやりとりを始めていない、ある意味では処女のような希少価値のある女性が誰かがわかります。特に今の時期は新規入会の処女はオススメですよ!

わざわざ夏の時期に新しく出会い系を始めるんですから、目的はもうセックスですといっているようなものです。開放的で、ひと夏の経験をしてみたい……なんて思っているわけですね。こういう子たちは夏の間だけフラッと遊びに来て、季節が変われば去っていく渡り鳥のようなもので、変に出会い系に染まっていない普通の子が多いのも特徴です。

出会い系に染まった女性ってちょっとキツいところあったりしますからね(笑)こんなかわいくてきれいな子が出会い系なんかするの!?必要なさそうじゃん!!って子といっぱいセックスできちゃうのも夏ならではですからね。

なのでそういった子を落とすときの決まり文句としては「せっかくの夏だし、ちょっと開放的になって火遊びしてみませんか?」という誘い方ですね。こっちは本気じゃなくて遊びなんですから、一緒に遊びませんか?というスタンスですね。

普段であれば、ただの身体目的の遊び人と捉えられてしまうかもしれませんが、夏であればそれがプラスに働いたりもします。夏なんだしいいじゃん!!っというちょっと無理矢理なくらいのテンションのほうが、結果的にはいい思いができたりするものですよ。出会い系に必要な物は理論やテクニックなんかよりも勢いなんです。

夏ならではの出会いの注意点

夏は当たり前ですが暑いです。特にここ最近は昔よりも確実に暑くなっていますからね。外を歩くだけでまとわりつくような不快な暑さが襲ってきますから……できることなら外を出歩きたくはないですよね。

でも出会い系で待ち合わせをするのであれば外に出ないと会うことが出来ません。なので待ち合わせ場所を決めるのであれば、必ず涼しい場所を指定してあげてくださいね。野外の炎天下の場所を指定するなんてのはもってのほかですよ。

確実なのは喫茶店やファミレスなどの店内を指定することですね。そうすれば飲み物に困ることはありませんし、座って涼しく快適に待つことが出来ます。駅の改札を出てすぐ、なんてのはあまりオススメできません。

立ってないといけないですし、人混みがあるってだけで温度は上がりますし、見た目的にも暑苦しくなってきて気分が悪くなってしまうかもしれません。

デート先も涼しい屋内にするのがいいでしょう。映画館であったり、この時期なら水族館なんてのもいいですよね。むやみに外を歩き回るようなデートはなるべく避けたほうがいいでしょう。移動で仕方なくという場合も、タクシーなんかを使ってあげると相手はかなり喜ぶと思います。

ただ、わざと外を歩いて暑く疲れさせた頃合いで、ホテルの前を通って「ちょっと休憩していく?」なんていう古典的な手口も……アリといえばアリですね(笑)ちょっと冗談っぽく誘ってみたら、案外のってきてくれるかもしれませんよ。

もちろん、中にはいったら「最初からこうするつもりだったんだ(笑)」というネタばらしも忘れずに。私の成功率は7割ほどですので、真似してもいいですよ!

花火大会やお祭りなどのイベントはセックスチャンスに満ち溢れている

そして夏ならではのイベントといったらお祭りや花火大会ですね。はじめてのデートにいきなりこれらのイベントにいくのはオススメできませんが、2,3回目のデートであればぜひともオススメしたいですね。

なにしろ周りの雰囲気がありますからね。問答無用で楽しい雰囲気にあてられて、おのずとテンションもあがってきますし、それこそ夏ならではの開放的な気分になってきます。いろんな屋台のお店を見て回るだけでも楽しいですからね。女の子が何か食べたそうにしていたら、さっと買ってあげると好感度も上がりますよ。

間違っても「かき氷って高いよね!あんなの氷にシロップかけただけじゃん!原価はきっと10円もしないのに300円とかなんて詐欺めいてるね!」なんて会話はしないでくださいね。最悪もいいところですから。

あと、金魚すくいや亀すくいなどの生き物系もダメですよ(笑)当たり前ですが、持ち帰るわけにもいかず困りますからね。遊びとして金魚すくいをやるのは大いにアリですが、金魚はいらないですといって返してあげましょう。

花火大会はチャンスの宝庫と言ってしまっていいでしょう。何しろ花火大会は混みます。どうやったって混みます。なのではぐれないために、手をつなぐ必要が出てくるわけですね。

実に合理的な流れで手をつなぐことができるわけです。この花火大会で手をつなぐ行為って、何歳になってもドキドキしてしまうものなんだそうですよ。そして花火のドンというお腹に響く重低音は子宮を刺激して、セックスしたくなる性欲を助長するそうなんです。花火大会のあとの公園なんてのは、誰かしらカップルが待ちきれずにセックスをおっぱじめてますからね(笑)

花火大会の翌朝の公園ってのはコンドームが落ちまくっていることで有名です。ただ、考えることは皆同じなようで、近場のラブホテルはほぼ使えないと思っていたほうがいいですよ。それだけは花火大会の難しいところですね。

余談ではありますが、着物や浴衣には正しい着方があります。いわゆる「右前」というやつですね。これは右側が手前(身体側)にくるため、そう呼ばれているのですが、前の意味を勘違いして右側を上(外側)に出してしまう人もいるんです。

そうしてしまうと「左前」と呼ばれる着方になってしまい、これは死人に着せるための着方なのでたいそう縁起が悪い着方とされています。これのわかりやすい覚え方としては、男性が女性の背後にいた時に利き腕(右)でスッと左のおっぱいを揉める着方が正しい、と覚えるのがいいんです。これで一発で覚えられます。

この話を女の子にしてあげつつ、実演としてスッとおっぱいを揉む仕草をするもよし、実際に揉んでみるも良し。ただ、それで普通に怒られた場合は責任もてませんけどね(笑)

夫婦円満のために、セフレをつくるという人妻が増えています

shutterstock_195055496

いまの夫を愛しているし、この家庭は壊したくない。だからこそ、外に割りきった関係のセフレをつくる……。そんな、一見すると矛盾しているようにしか思えない行動を取る人妻が増えているのをご存知でしたか?

セックスレスに悩む人妻「夫婦円満のためにセフレが必要」

“セフレ”というと「お互いに割り切った体だけの関係」や「女性は半ば本気だけど男性はあくまで性欲」といった関係を想像しがちだが、最近はセフレに求めるものも、男女のパワーバランスも多様化しているという。

夫婦円満のためにセフレが必要

婚外恋愛をする人妻もいるなか、千葉県に住む専業主婦の松田知恵さん(仮名・35歳)さんは、あえて割り切った関係を求めていると話す。

「悲劇のヒロインを演じるほど生活に不満もなく、夫のことも愛している。でも単純にセックスレスだから、性欲を満たす相手を求めた結果です」

現在のセフレは4人。全員が趣味系SNSで知り合った“ヤリチン”男ばかりだ。

「彼らは渡り鳥なので過度な連絡もしてこないけど、寂しいときは相手をしてくれるし、呼べば来て抱いてくれる。ヤリチンも多頭飼いすれば便利に使えます(笑)」

会うスパンも半年~1年に一度程度に抑えている。1年以上会わないセフレもいるが、会えばエッチ。肉体関係だけの織姫彦星である。

「エッチは好きだけど、それぐらいの頻度のほうがお互い情も湧かないし、エッチもずっと新鮮さを保てます。こんな平凡な主婦の私が、ラブホテルのサービスタイムの時間だけ“女”に戻れる、いわば年に一度のご褒美。生活にメリハリもつきますからね」

夫婦円満のためにも、あえてセフレが必要と話す知恵さんだった。

離婚のためにカラダを張る

仕事のためにセフレ関係を結ぶ女性もいる。主婦の池田美代子さん(仮名・31歳)は、夫との関係が冷え切っており、一日も早い離婚を目指してセフレライフに勤しんでいる。

「離婚するためには稼ぐ力を身につけなきゃいけないんですが、どうせ働くなら、昔から興味があった放送作家の仕事がしたいなと思って。でも、どうすればいいかわからないし、放送作家の学校みたいなところに通うお金もない。

そんなとき、友達の友達に映像制作の会社で働いている男性がいたので、紹介してもらいました。全然好みじゃないんですが、私にとっては唯一のコネなので、セフレになっていろいろ教えてもらっています」

使わなくなったノートパソコンをもらい、最近は資料集めのアルバイトをやっているそうだ。

「時給にして600円くらい、全部で月に2万円くらいですが、ギャラももらえるようになりました。まあ、彼はワリカン主義なので、ご飯代やホテル代でほと んど消えてしまいますが。割り切った関係とはいえ、彼のエッチはいかにも性欲処理って感じだし……最近は虚しさも感じ始めています」

時給の安いアルバイトとして体よく搾取されている気もするが……。

彼女たちの言い分としては

「恋愛感情をともなう不倫におぼれてしまうと、いまの夫を愛せなくなってしまうかもしれないし、相手の元へ逃げ出して本気になってしまうかもしれない。でも、そこまでのオオゴトにはしたくない……。家庭や子供もあるし、いま不満なのはセックスレスだけ。肉体的な欲求不満だけを解消して、家庭は円満に暮らしたい」

といったところでしょうか。ウーン、実に都合がいいですよね。でも、それって私たちにとっても実に都合がいいですよね!なにせお互いにただの性欲処理相手として無料セックスを楽しみ、決してお互いのプライベートに干渉はしない、というまさに理想のセフレ関係なのですから。

もともとセフレ関係なんて都合のいい関係なのです。彼女たちも家庭円満のために仕方なくセフレを作っている……という大義名分が欲しいだけなのです。カタチとしてはどう考えてもただの不倫なのですが、彼女たちはきっとそうは思っていないことでしょう。

逆に言えば、そういった大義名分さえ与えてあげればセフレをつくりたい願望のある人妻は非常に多いのです。なら、それを与えてあげればいいのです!

夫婦円満のために、セックスしませんか?という誘い方

女性は共感を非常に大事にする生き物だといわれています。自分の考えに同調してくれたり、自分の感情に寄り添って理解してくれようとしてくれる人に対しては強い好感を覚えるそうです。

ですから、自分と同じ環境に置かれている人なんていうのはまさにその対象としてうってつけなわけです。この人も私と同じようにセックスレスで苦しんでいるんだ……、と感じさせることが出来れば、セックスの確率はぐっと上がります。

この時、何も本当に自分もセックスレスで苦しんでいる必要はありません。そうです。嘘をついてしまえばいいのです。

どうせ一夜限りか、そうでなくてもセフレとして数ヶ月ほど関係を結ぶというのがせいぜいでしょう。相手も人妻であればこちらのプライベートをあれこれ詮索してくることはないでしょうし、ウソがバレる心配というのはまったくありません。

それに人妻だって「お互いに夫婦円満のために」と言われれば、まるでいいことをしているような錯覚に陥るのです。冷静に考えればそんなことはあり得ないとわかりそうなものですが、人間というのは自分にとって都合のいいことを信じてしまいがちです。

人妻の罪悪感を消してあげる優しいウソなわけですから、ある意味では良心的ですらあるとも言えるでしょう。……こんな風に、自分にとって都合のいいことを信じてしまうのも、ひとつの手ですから(笑)

実際、この誘い方をするようになってからはものすごく効率が良くなりました。何しろ、今まではセックスまで持ち込むのは簡単なものの、割りきったセフレ関係を築くというところが難しい一面でしたからね。一夜限りであったり、あるいは本気になられてしまって面倒なことになりかけたり……。都合のいいセフレ関係というのには、なかなか巡りあいにくいところがありました。

しかし、この手法はお互いに「夫婦円満」をテーマにしていますから、一夜限りでは夫婦円満を続けるというテーマにそぐわないですし、自然と継続的なセフレ関係になることが前提となっています。さらに、お互いの家庭が第一という取り決めで交際を始めますので、面倒なトラブルに巻き込まれる心配はほぼありません。

このように「夫婦円満のためにセックスをしませんか?」という誘い方は、成功率が上がるだけでなくセフレとして最も都合よく便利に扱えるという、まさにメリットしかない誘い方なわけです。

人妻は罪悪感や責任を負うようなことはしたくないけど、セックスはしたい……というなんともワガママな生き物なのですから、うまくそれを満たしてあげられる人がモテることを覚えておいてくださいね。