エッチな人妻との出会いにオススメの出会い系サイト

エッチな人妻に出会いたいからといって、人妻専門出会いサイトに入会しないでください。

 人妻専門・熟女専門とうたっている出会い系サイトは、すべて詐欺サイトです。

そういう人妻専門サイトに、普通の人妻が入会するわけはないのです。それらは、すべてアルバイトが人妻のふりをしてメールをしている悪徳サイトなのです。どれだけメールをヤリトリしてもぜったいに出会うことはできません。

普通の人妻が不倫パートナーを探すのは、やっぱりハッピーメールやワクワクメールのような大手出会い系サイトなのです。そういうところで、いくらでもメールができるのに、わざわざ「人妻専門」なんていう怪しいサイトに入会したりはしないのです。無料という言葉にだまされてインチキ出会い系サイトに入会しないようにしてください。

以下は、私も利用している絶対に信頼できる大手出会い系サイトです。

 ハッピーメール

言わずと知れた出会い系サイトの王者ですね。会員数日本一の出会い系サイトです。プロフィール検索の「さらにこだわる」を選択し「交際ステータス」を「既婚」にすれば人妻だけを検索することができます。

 ワクワクメール

ハッピーメールと並んで、日本で2番めに有名な出会い系サイトですね。こちらも「交際ステータス」で「既婚」を選んで検索することが可能です。

 PCMAX

PCMAXは、説明の必要もないくらい有名ですね。プロフィール検索にそのものズバリ「不倫・浮気」というチェックボックスがあります。

夫婦円満のために、セフレをつくるという人妻が増えています

shutterstock_195055496

いまの夫を愛しているし、この家庭は壊したくない。だからこそ、外に割りきった関係のセフレをつくる……。そんな、一見すると矛盾しているようにしか思えない行動を取る人妻が増えているのをご存知でしたか?

セックスレスに悩む人妻「夫婦円満のためにセフレが必要」

“セフレ”というと「お互いに割り切った体だけの関係」や「女性は半ば本気だけど男性はあくまで性欲」といった関係を想像しがちだが、最近はセフレに求めるものも、男女のパワーバランスも多様化しているという。

夫婦円満のためにセフレが必要

婚外恋愛をする人妻もいるなか、千葉県に住む専業主婦の松田知恵さん(仮名・35歳)さんは、あえて割り切った関係を求めていると話す。

「悲劇のヒロインを演じるほど生活に不満もなく、夫のことも愛している。でも単純にセックスレスだから、性欲を満たす相手を求めた結果です」

現在のセフレは4人。全員が趣味系SNSで知り合った“ヤリチン”男ばかりだ。

「彼らは渡り鳥なので過度な連絡もしてこないけど、寂しいときは相手をしてくれるし、呼べば来て抱いてくれる。ヤリチンも多頭飼いすれば便利に使えます(笑)」

会うスパンも半年~1年に一度程度に抑えている。1年以上会わないセフレもいるが、会えばエッチ。肉体関係だけの織姫彦星である。

「エッチは好きだけど、それぐらいの頻度のほうがお互い情も湧かないし、エッチもずっと新鮮さを保てます。こんな平凡な主婦の私が、ラブホテルのサービスタイムの時間だけ“女”に戻れる、いわば年に一度のご褒美。生活にメリハリもつきますからね」

夫婦円満のためにも、あえてセフレが必要と話す知恵さんだった。

離婚のためにカラダを張る

仕事のためにセフレ関係を結ぶ女性もいる。主婦の池田美代子さん(仮名・31歳)は、夫との関係が冷え切っており、一日も早い離婚を目指してセフレライフに勤しんでいる。

「離婚するためには稼ぐ力を身につけなきゃいけないんですが、どうせ働くなら、昔から興味があった放送作家の仕事がしたいなと思って。でも、どうすればいいかわからないし、放送作家の学校みたいなところに通うお金もない。

そんなとき、友達の友達に映像制作の会社で働いている男性がいたので、紹介してもらいました。全然好みじゃないんですが、私にとっては唯一のコネなので、セフレになっていろいろ教えてもらっています」

使わなくなったノートパソコンをもらい、最近は資料集めのアルバイトをやっているそうだ。

「時給にして600円くらい、全部で月に2万円くらいですが、ギャラももらえるようになりました。まあ、彼はワリカン主義なので、ご飯代やホテル代でほと んど消えてしまいますが。割り切った関係とはいえ、彼のエッチはいかにも性欲処理って感じだし……最近は虚しさも感じ始めています」

時給の安いアルバイトとして体よく搾取されている気もするが……。

セックスレスに悩む人妻「夫婦円満のためにセフレが必要」 | 女子SPA!

彼女たちの言い分としては

「恋愛感情をともなう不倫におぼれてしまうと、いまの夫を愛せなくなってしまうかもしれないし、相手の元へ逃げ出して本気になってしまうかもしれない。でも、そこまでのオオゴトにはしたくない……。家庭や子供もあるし、いま不満なのはセックスレスだけ。肉体的な欲求不満だけを解消して、家庭は円満に暮らしたい」

といったところでしょうか。ウーン、実に都合がいいですよね。でも、それって私たちにとっても実に都合がいいですよね!なにせお互いにただの性欲処理相手として無料セックスを楽しみ、決してお互いのプライベートに干渉はしない、というまさに理想のセフレ関係なのですから。

もともとセフレ関係なんて都合のいい関係なのです。彼女たちも家庭円満のために仕方なくセフレを作っている……という大義名分が欲しいだけなのです。カタチとしてはどう考えてもただの不倫なのですが、彼女たちはきっとそうは思っていないことでしょう。

逆に言えば、そういった大義名分さえ与えてあげればセフレをつくりたい願望のある人妻は非常に多いのです。なら、それを与えてあげればいいのです!

夫婦円満のために、セックスしませんか?という誘い方

女性は共感を非常に大事にする生き物だといわれています。自分の考えに同調してくれたり、自分の感情に寄り添って理解してくれようとしてくれる人に対しては強い好感を覚えるそうです。

ですから、自分と同じ環境に置かれている人なんていうのはまさにその対象としてうってつけなわけです。この人も私と同じようにセックスレスで苦しんでいるんだ……、と感じさせることが出来れば、セックスの確率はぐっと上がります。

この時、なにもほんとうに自分もセックスレスで苦しんでいる必要はありません。そうです。嘘をついてしまえばいいのです。

どうせ一夜限りか、そうでなくてもセフレとして数ヶ月ほど関係を結ぶというのがせいぜいでしょう。相手も人妻であればこちらのプライベートをあれこれ詮索してくることはないでしょうし、ウソがバレる心配というのはまったくありません。

それに人妻だって「お互いに夫婦円満のために」といわれれば、まるでいいことをしているような錯覚に陥るのです。冷静に考えればそんなことはあり得ないのはわかりそうなものですが、人間というのは自分にとって都合のいいことを信じてしまいがちです。

人妻の罪悪感を消してあげるやさしいウソなわけですから、ある意味では良心的ですらあるとも言えるでしょう。……こんな風に、自分にとって都合のいいことを信じてしまうのも、ひとつの手ですから(笑)

実際、この誘い方をするようになってからはものすごく効率が良くなりました。なにしろ、今まではセックスまで持ち込むのは簡単なものの、割りきったセフレ関係を築くというところが難しい一面がありましたからね。一夜限りであったり、あるいは本気になられてしまって面倒なことになりかけたり……。なかなか都合のいいセフレ関係というのは巡りあいにくいところがありました。

しかし、この手法はお互いに「夫婦円満」をテーマにしていますから、一夜限りでは夫婦円満を続けるというテーマにそぐわないですし、自然と継続的なセフレ関係になることが前提となっています。さらに、お互いの家庭が第一という取り決めで交際を始めますので、面倒なトラブルに巻き込まれる心配はほぼありません。

このように「夫婦円満のためにセックスをしませんか?」という誘い方は、成功率が上がるだけでなくセフレとしてもっとも都合よく便利に扱えるという、まさにメリットしかない誘い方なわけです。

人妻は罪悪感や責任を負うようなことはしたくないけど、セックスはしたい……というなんともワガママな生き物なのですから、うまくそれを満たしてあげられる人がモテることを覚えておいてくださいね。

女性が不倫をしたがる心理を知ることで、不倫相手になにを求めているのかを知りましょう!

6039bb6bea8cf25289b4deac7dc52ba2

未婚なのにも関わらず、不倫関係にハマってしまうのは圧倒的に女性のほうが多いようです。若いOLとその上司が社内不倫をしているなんてのは良くある話ですしイメージができますが、若い男性と人妻が昼間から不倫をしている光景ってあんまりイメージできないですよね。

もっとも、女性は育児や家事などで家にいることが多く未婚男性との出会いがそもそもないのに対し、男性は仕事で家を出ている間にいくらでも未婚女性との出会いがありますので、そういった環境の差もあると思いますが…。それでもなお、女性のほうが不倫関係に憧れをもち、慢性的に不倫関係を求めてしまうようです。

女性が不倫をしてしまうその心理

男性と女性で脳の構造や得意分野が違うのは有名な話しですが、不倫に対する意識の違いもそこから来ている部分が多そうです。男の場合は単純にセックスがしたい、いろんな女を抱きたい……つまりは「子孫を残したい」という本能から来ていることで大抵のことは説明できてしまうのですが、女性の場合はもうちょっと複雑なようです。不倫といえばまず定番なのは社内不倫ですから、それをモデルとして不倫をしてしまう心理を挙げてみました。

  1. 尊敬している上司に求められることで「あの人に認められた」という人間的な自信が生まれる
  2. その人の奥さんよりも自分のほうが魅力的で勝っているんだ、という優越感を得られる
  3. 仕事中の男性はかっこ良く見えるし、会える時間が限られているのでお互いの欠点が見えにくい
  4. 自分よりも経験、知識が豊富な相手と交際することで自分もより高まる気がする
  5. 見せたくない所帯染みた一面は奥さんが担当してくれるので、自分は女を見せることだけに専念できる
  6. 障害がある中で求め合うことで、これこそ真の恋愛なのでは?と思い込み、なおかつその状況に陶酔できる

などがあるでしょうか。なかなか男性側からは理解し難い部分も多いですが、こういった女性は非常に多いです。未婚女性と既婚女性ではまたちょっと事情が違ってくるケースもありますが、基本的には似たようなものです。細かな違いはあれど「不倫というしてはいけない行為をしている自分に酔う」といった点は全く同じだと言えるでしょう。

未婚であろうが既婚であろうが、共通しているのは「自分のことしか考えていない」ことです。まあもっとも、相手やその周囲のこともきちんと考えらる人でしたら、本来の奥さんに対して申し訳なさすぎて不倫なんてことは普通できないですからね。不倫をしている、あるいは不倫をしたがっている女なんてのはどこか頭がおかしくて非常識な女でしかないのです。

父親としての父性を求めて不倫をする女性も多い

幼いころは自分と違う性の親になつくと言われています。男の子であれば母親をより好きになり、女の子であれば父親をより好きになるわけですね。これは年齢を経て思春期になる頃にはその反動からか、まったく逆になってしまうことも多いのですが、そういったモラトリアム期間を終えたあとはまた幼少期と同じようにまた求めだすと言われています。

マザコンといえば男性が浮かぶように、ファザコンといえば女性が浮かびますよね。そういったファザコンの性質をもつ女性が年上の既婚男性との不倫に陥りがちなんです。

その多くは幼少時代から満足いくほど父親からの愛を受けれなかった女性です。でも、本能として「もっと父親から愛されたい」「大事にされたい」といった思いが大人になってより強くなり、父親としての影をまったく別の年上男性に求めてしまうわけなんです。これはもはや幼少期に生まれた本能的な感情であり、制御できるものではありませんので、かなり直情的なものになりがちです。

ただ、この場合は大抵は長続きしません。もっとも、長続きしてしまっても男性側としてはそれはそれでなにかと困るのでそれはむしろありがたいことではあるのですが。なぜうまく行かないかといえば、求めているものと選んだものが違うからなんですね。

求めているものは父性ですが、当然ながら不倫相手は父親でもなんでもなく赤の他人です。女性が求めているのはあくまで娘としての自分を愛してくれる父性であるのに対し、男性側としては娘としてなんか当然みておらず、若い女の子が寄ってきたからちょうどいいセックス相手、のように捉えていることがほとんどです。もっとも女性側としても、その男性本人そのもの愛しているわけではありません。女性側が愛しているのはあくまで父親の代役をしてくれる男性の存在ですからね。

つまり、最初から致命的にすれ違っているわけです。女性が求めているのは幼少期に満たされなかった父親からの愛を、いまになって取り戻そうとしているだけなんです。よくある話として、若い女性が「奥さんといつ別れてくれるの?」なんてプレッシャーをかけ続け、無事に略奪愛が成ったとしましょう。しかし、そのカップルが結婚したとしても大抵はうまくいきません。なぜなら結婚してしまった時点で「父親」から「旦那」に変わってしまい、対等な立場になってしまうからです。

それに、一度不倫の蜜の味を覚えてしまった女性は、絶対に同じことを繰り返します。もしいまあなたが若い女性と不倫関係にあるのなら……。あるいは言い寄られているのなら、その若い女性は過去に不倫を経験済みで、相手の家庭環境を引っ掻き回したことがあるかもしれないのです。いま一度、冷静になって考えなおしてみましょう。

人妻が不倫をするのは、寂しさからくることがほとんど

では、既婚女性が不倫をする心理はどういうものなのでしょうか。これは実に簡単。寂しいからです。

ここでいう寂しいというのは、旦那からかまってもらえない……冷たくされる……恋人時代だったころと扱いが違う……といった理屈ですね。あくまでも「自分は悪くない」というのが大前提にあるのが特徴的です。つまり不倫をしてしまうのは自分のせいではなく、寂しくさせている旦那のせい、といったとても都合のいい思い込みがあるわけですね。

なのでこちらも未婚女性同様に一度不倫をしてしまった既婚女性は、何度も繰り返してしまう傾向にあります。まあこれは男性も同様のことがいえるわけですが……一度不倫セックスを経験してしまうと、ノーマルなセックスで受けられる刺激ではとてもじゃないけど満足しきれなくなってしまいますからね。不倫はそれだけ蜜の味なんですね。禁断の果実なわけです。

ちなみにですが、寂しいの次にくる不倫をしてしまう理由は「欲求不満」です。実は、人間の性欲は男女差が大いにあります。男性であれば誰しもがわかると思いますが、10代後半あたりの思春期真っ只中の性欲はそれはもうすごいものでしたよね。男性の性欲のピークはまさにここです。ちょっとピーク早すぎませんかね……?でも逆にその年代の女性は性欲があまりありません。お互いに高まっていたら、もう少し充実した青春時代を過ごせていた男性も増えたでしょうに……(私も含めてですが)

男性は20代半ば頃から、ゆるやかではありますが徐々に性欲が落ちてきます。よく言われるのは30歳を境目にして性欲が落ちているのを実感した、という話ですね。肉体的にも徹夜が辛くなったり、筋肉痛にタイムラグが発生したりと、いろいろ体力の曲がり角を実感する頃合いです。男はこれ以降、性欲は落ちる一方なのが一般的です。もちろん例外もありますけどね。

女性はといえば10代後半からゆるやかに上昇していき、実に30代後半あたりまで性欲は増加し続ける一方です。だいたい40歳手前あたりで性欲のピークを迎えると言われています。その頃の男性はといえば、性欲なんてものはとうに衰えてしまっている男性が多いんですね。それが中高年夫婦のセックスレスの最大の問題であり、すれ違いとなっています。

仮に同年代の男性に同レベルの性欲があったとしても、その対象を20代の若い女性に向ける男性も多いわけですから…性欲を持て余してしまう人妻は増え続けるいっぽうなわけですね。

そういった人妻はどうやって性欲を発散するのか?といえば不倫相手を探すわけです。で、どこで探すかといえばそれはもう出会い系サイトしかないのです。出会い系サイトに即ハメOKな人妻が多いのはこういった流れによるものなんです。実に良く出来ている流れだと思いませんか?

ちなみに余談ではありますが、インターネットによる出会い系やSNSの普及により不倫をしやすくなった&不倫をする人が増えたと思うか、という質問には過半数の人がYESと答えたそうです。そのYESと答えた人の中に、現在進行形で不倫をしている人はどれだけいたんでしょうねえ……。

女性が不倫相手として選ぶ男性は圧倒的に40代以上の男性が多い

稀に若い男を捕まえている……俗にいう若いツバメを囲っている人妻なんてのは、全体で見ればかなりの少数派です。未婚女性にしろ、既婚女性にしろ、不倫相手として選ぶのは40代以上の男性がほとんどなんです。

その年代の男性といえば、仕事である程度の地位や信頼を得て、人間的にも自信や気持ちの余裕が生まれてくる頃です。40歳のことを不惑ともいいますしね。人間としてひとまずの完成形を迎える年代ともいえるでしょう。

そして、自分に自信や余裕をもつ男性は女性から見てたいそう魅力的に映るものなんです。これはもう本能でもあるのですが、この人の子供がほしい、という感情が芽生えるそうです。つまり、この人と子作りをしたい……セックスをしたい!というのが本能的にビビビッとくるわけなんですね。これはもう本能なので意識や理性ではなかなか抑えられないものがあるそうです。

しかし、そういった男性は表向きにはセックスを露骨に求めることはありません。若い男性はそれが隠しきれずにガツガツしてしまいますので、大人の男性に比べるとどうしても子供っぽくみえてしまいがちで、なおさら40代以上の男性が魅力的にうつるわけですね。

なので継続的な不倫相手を探しているときは、あまりガツガツしないのもコツのひとつですね。さくっと遊ぶだけの女性であれば隠すまでもなく、あえておおっぴらにカラダを求めて、パッと遊んで別れるのも手っ取り早く遊びたいときには大いにアリですけどね。

みんなが言わない不倫における暗黙のルールを知ろう

Businesspeople bound by red tape

当たり前すぎるからなのか、それともわざわざ口にするのは野暮だからなのか、あるいはそれを知っているという特権意識を共有したいのか……世の中には、さまざまな暗黙のルールというものがあります。厄介ですよね。

たとえば、野球には「野球の不文律」という暗黙のルールがあることは有名です。

野球の不文律

野球の不文律(やきゅうのふぶんりつ)では野球における不文律について記す。野球には、公認野球規則(ルールブック)に記されていなくても守らねばならない不文律 (unwritten rules, unwritten codes) が存在するとされている。メジャーリーグベースボール (MLB) や日本プロ野球 (NPB) などプロ野球の試合においては、これを破ると故意死球などの報復を受けることがある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E7%90%83%E3%81%AE%E4%B8%8D%E6%96%87%E5%BE%8B

どういったものがあるかといえば……

  • 大量リードをしている場合、リードしている側は盗塁やセーフティバントをしてはいけない
  • ノーヒットノーランや完全試合を阻止するために、わざとバントをしたりしてはいけない
  • 連続本塁打後の初球を打ちに行ってはならない
  • 捕手のサインを盗み見てはいけない。また二塁走者が打者にサインを教えてもいけない
  • 投手は三振を奪ったときや、スリーアウトを取ったときに過度にガッツポーズをしてはいけない
  • ボールカウントが3ボール0ストライクになったときには直球を投げる。しかし、相手打者の癖や性格によってはこの限りではない

などなど。細かいものをあげればまだまだたくさんの暗黙のルールというものがあります。これを破った場合、次の打席で故意にデッドボールをぶつけられるという「制裁」が待っています。なんとも恐ろしい世界ですよね。

不倫にだって、ここまで細かくはありませんが、暗黙のルールというものがあります。これは、不倫をする際に相手と決めるルール……たとえば連絡を撮り合う時間帯を決めたり、ホテル代や食事代の負担はどうするか、といった決め事とはまた別のもので、わかっていて当然、守られていて当然といった基本的なものになります。

そんなこと当たり前じゃないか、と思われるかもしれません。ただ、アタリマエのことだからこそこうして再認識しておくことも大事ですので、ぜひ今一度こころに刻んでおいてください。

その1.相手の家庭を壊したり、干渉してはいけない

既婚者と不倫関係になる場合、相手の家庭はすでに破綻しているか、その直前であることがほとんどです。特に、出会い系で知り合う人妻となればなおさらでしょう。だからといって好き勝手にしていいというわけではありません。いくら事実上、すでに夫婦関係が破綻していたとしても、婚姻関係を継続している以上はまだ壊れてはいないのです。

それにほとんどの人妻は、今ある家庭を壊したいとは思っていません。多くの人妻は、ちょっとした火遊びや刺激が欲しいだけで登録しているのです。子供がいたり、生活があったり、世間体があったりと、なんだかんだ人間というのは今ある生活に対しては保守的になるものなのですから。

いまある家庭を壊してまで不倫をしたい!というような熱意のある人妻というのは、わざわざ出会い系のような回りくどい方法はとりませんからね。出会い系に登録している人妻は、アソビで不倫をしたいだけという認識を持っておけば、まず間違いはありません。

その2.生活のリズムを崩したり、崩させてはならない

不倫関係を継続するにあたって大事なことは、これまでどおりの生活や行動を続けるということです。なにか違うことをし始めた場合、多くの場合はなにかしらのサインがでてしまいます。よく言われるのは「なんだかここ最近になって妻が綺麗になりはじめて色気が出てきた」あるいは「夫が急に髪型を変えたり、服にこだわるようになってきた」といったような容姿に関する変化です。

不倫をし始めたことによって、異性との深い交流がはじまり、その結果として男として・女としての魅力が増してしまったというわけですね。ただ、それに関しては抑えることは難しいですし、その変化自体はいいことなのですから、なにかしらの理由を用意しておくことが大事です。

「最近、彼女ができたっていう部下が浮かれていろいろノロケ話をするものだからね。触発されて俺も若いころを思い出して、またお前を口説いてみようかと思ってな」

なんてふうに説明をすれば、きちんと理由と結果がわかりますし、それに奥さんに対するフォローもできるわけですから、怪しまれるどころかむしろ喜ばれることになるでしょう。

それくらいならまだいいのですが、急にスマホをいじる時間が増えたり、帰りが遅くなったり不定期になったり、仕事の飲み会がやたらハイペースになったりしたとなると、それは怪しまれてしまいます。

不倫相手と密会して楽しい時間を過ごしたいのはやまやまですが、あくまでもこれまでの日常の中で自然に収まる範囲内にしておきましょう。不倫がバレるきっかけというのは、そういう些細な違和感に潜んでいることが多いのですから。

その3.本気になってはいけない

このルールが一番大事かもしれません。出会い系での不倫はあくまでもお遊びであり、決して本気になってはいけないのです。

はじめはお遊びのつもりだったとしても、密会を重ねるうちに情が芽生えてどんどんとのめり込んでしまい、あげくには「わたしにはこの人しかいない」という思い込みに陥ってしまうことも。

この場合、間違いなく泥沼関係を迎えてしまいます。万にひとつくらいは、お互いに本気になって離婚したあげくに結婚ということもあるかもしれません。しかし……「相手は既婚者なのに出会い系サイトで不倫相手を探すようなクズ」ということがお互いにわかってしまっているわけですし、不倫という禁じられた関係だからこそ魅力的に思えた相手も、結婚相手として落ち着いてしまえば悪いところばかりが目について前の夫婦関係よりも不幸になってしまう、なんて未来が容易に想像できます。

なので、絶対に不倫相手と本気になる、あるいは本気にさせてしまうことは避けるべき事案です。

自分はまだしも相手をどうコントロールすればいいのか?と思うかもしれませんが、これは普段からの「しつけ」をしておくことが大事です。たとえば、相手が無理をして会おうとしてきた場合。本来なら出かけないはずの時間帯に出かけようとしている、というケースですね。

その2のルールにもありましたが、こういった普段と違う不自然なことをするのはご法度ですし、ましてやそれが恋愛感情からくるものならなおさらです。たしかに、会ってセックスをすることは魅力でしょう。でも、そこはぐっと押さえつけることが大事です。

不倫関係がバレたり破綻したりするきっかけのひとつに「相手の暴走」というものがあります。不倫は会いたい時に会える関係ではないし、不自由な制限だって多いということはあらかじめ承知しておくべきなのですから。

お互いに一度冷静になるためにも「こういう言動があると怪しく思える」というのをお互いの視点から一度話し合ってみましょう。自分では、あるいは同性からは気づかないような「この人は浮気をしているかも……と感じるサイン」を知ることで、頭を冷やしたり言動に一層気をつけることが出来るようになります。

メジャーどころとしては、男性の浮気がバレるきっかけとしては「匂い」があげられます。自分以外の香水の匂いをプンプンさせてかえってきたり、会社にいっていたはずなのに石鹸とシャンプーの匂いをまとって帰ってきたり、自家用車に他の女と思われる匂いがしみついていたり……。そんなところから発覚したりするものです。匂いというのは眼に見えないものですし、その匂いのある環境に長くいると鼻が麻痺してしまうので、自分ではなかなか気づきにくいものだったりしますからね。

逆に、女性の浮気がバレることはほとんどないそうです。バレるとしたら、決定的な物的証拠を掴まれた時がほとんどだとか。日帰り旅行のつもりで温泉に浮気相手といったら、帰りの電車にトラブルがあってその日のうちに帰ることが不可能になり、問いつめられてバレてしまったり。あるいは不倫旅行で、たまたま泊まった先のホテルが、実は旦那の勤務先では社員割引がきくホテルで、後日になって旦那のもとに通知が届いてバレる……といったケースもあったそうです。

不倫がバレないためには、やはりルールと節度を守った行動が大事なわけです。不倫という行為自体はルールと節度から外れた行為であるからこそ、逆にそれを大事にしたいところですね。

Gスポットでイカせて潮を吹かせる方法 基本の6ステップ

101006あなたは人妻とのセックスで潮を吹かせたことがありますか?

潮吹きというと「AVの世界のもの」と思っている方も多いようですが、膣内の「どこを」「どのくらい」刺激すればいいかわかれば、誰でも簡単に潮吹きさせることができます。

そこで今回は、Gスポットでイカせて潮を吹かせる方法を6ステップでご紹介します。

あなたが人妻がイクのと同時に潮吹きさせることができれば、人妻は、旦那や今まで付き合った男性では味わったことのない深い快楽に達することができ、あなた以外の男性では物足りなくなるでしょう。

そうすれば、あなたは人妻と何度でも無料でセックスをし続けることができるはずです。

女性によってGスポットの場所が違う

女性にイカせて潮を吹かせるにはGスポットを狙っていくのが一番の近道です。しかし、キスしていい感じになって、速攻Gスポットを触るのはタブーです。

あくまでも、前戯でたっぷり欲情させてから最後の最後にGスポットを攻めるようにしてください。クリトリスで一度イカせてからGスポットを攻めてもいいくらいです。

Gスポットの場所

まず、Gスポットの場所の確認ですが、女性の膣の入り口から3~5cmのお腹側のザラザラした部分にあります。膣に指の付け根まで入れた状態で、第二関節を垂直に曲げて指先があたるところがGスポットです。

ただ、女性によってGスポットの場所が若干違うことも覚えておいてください。ようは、あなたが女性のGスポットを探す必要があるということです。

たまに、
「いわれた通りの場所を攻めたのに、女性が気持ちよさそうじゃなかった」
「Gスポットってそこじゃなよ?といわれて惨めで恥ずかしい思いをした」
という人がいますが、おそらく、1点のみを攻めてたんだと思います。

Gスポットは若干の場所の違いがあっても、女性なら必ずある性感帯です。なので、前術したGスポットの場所周辺を愛撫しながら、女性の反応をみてGスポットを見つけてあげてください。

潮吹きのポイント

女性は興奮してくるとGスポットが膨らんでくるのですが、そのぷっくり膨らんだGスポットを刺激し続けるのが潮吹きのポイントです。

Gスポットで潮吹き&イカせる方法 6ステップ

では、具体的にイカせて潮吹きをさせる方法を6ステップで紹介していきます。

ステップ1 膣がビショビショなことを確認する

Gスポットを愛撫するときは、膣内を指でかき回したり、出し入れをしたりするので、必ず濡れていることを確認してから実践しましょう。

濡れていない時は、前戯などでたっぷり濡らしてあげましょう。ですが、濡れにくい女性もいるので、その場合はローションなどを使っても大丈夫です。

ステップ2 Gスポットの位置を探す

女性器に指を入れ、その女性のGスポットを探し当てます。Gスポットにあなたの指先が当たると、女性に何かしらの反応があります。

たとえば、目をつぶって眉間にしわを寄せて「んっ」といったり、中には喘ぎ声をあげる女性もいるでしょう。慎重に女性を観察すれば、必ずわかるはずです。

ステップ3 中指1本でGスポットを刺激する

Gスポットの場所が分かったからといって、いきなり指を2本も3本も膣の中に突っ込んでいじるのは厳禁です。

  1. はじめは中指1本で優しく刺激する【弱め】
  2. Gスポットを押さえつけるように少し強めに刺激する【強め】
  3. 繰り返す

というように、弱めの愛撫と、強めの愛撫を交互に繰り替すようにして刺激してきましょう。女性の中には痛みを感じる人もいるので、様子を見ながら力加減を調節することも必要です。

ステップ4 薬指も入れて、中指と薬指の2本でGスポットを刺激する

次に薬指(もしくは人差し指)と中指の2本で攻めていきます。ステップ③のGスポットを刺激する愛撫に、ピストン運動も加えてみましょう。

ここまでくると女性もそろそろペニスが欲しくなるので、指を2本入れると喜びます。もし、もっと太いものを欲しがるなら、指3本で刺激してあげてもいいでしょう。

ステップ5 Gスポットが膨らんだら、スピードを倍速にする

女性は興奮してくると、Gスポットが膨らんできます。膨らんでくるとイクのは時間の問題です。膨らんできたことが指で確認できたら、ピストン運動のスピードを速めていきましょう。できれば今までの倍くらいの速さで刺激してください。

また、このとき、ただ出し入れするだけでなく、膣に入れたときに指がきちんとGスポットに当たることを意識してください。女性はイク体制に入っても、刺激されるポイントがズレてるとイケません。

ステップ6 イキながら潮を吹かせる

女性はイキそうになってくると、Gスポットも膨らみますし、膣内が全体的に膨らみます。これにより指に圧力がかかるのですが、ピストンを続けていると、膣内の圧力が一瞬ゆるむタイミングがあります。これは潮吹きの合図です。

もうひと踏ん張りピストン運動を続けましょう。ビチョビチョ音がして指に水分を感じたら潮吹きが起こるので、そのまま指を動かしてもいいですし、指を抜いてしまってもいいでしょう。これで女性はイクのと同時に潮を吹きます。

人妻はアブノーマルなセックスに興味津々って知ってました?

人妻はなぜ出会い系を利用するのか?寂しかったから、欲求不満だったから、なんとなく、と様々な理由があると思いますが、根底にあるものは「刺激が欲しくて」という部分にあると思います。若い頃は若いというだけでちやほやされていたものが、人妻になってしまうと異性からのちやほやというものは激減してしまいます。昔はよかった……と思い出に浸るだけでは満足できなくなってしまい、出会い系というリアルな出会いを求めてしまうわけですね。

最初は出会うだけでも十分な刺激を得られていたのに、出会ってエッチすることを何度も味わっていくうちに次第にそれだけでは十分な刺激を得られなくなってしまいます。何事もマンネリ化というものがありますが、まさにそれなんですね。出会い系で出会っても刺激をあまり得られなくなってしまった……そんな人妻たちにさらなる刺激を与えるためにはどうしたらいいのか?そのときに候補にあがるのが、このアブノーマルなセックスなんです。

ちょっと変わったエッチをしてみませんか?という誘い

意外とアブノーマルセックスをしたことがある人ってのは少ないんです。というのも、この私が実際にいろんな人妻に初めてのアブノーマルセックスの手ほどきをしてきたのですから、実体験として間違いありません。初めてをよそおって男をよろこばせてくれるような、そんな手練の人が混ざっていた場合は別ですが(笑)そしてほぼ例外なく、出会い系に登録しているような人妻というのは、アブノーマルなセックスに興味を示してきます。

そもそもなんですが、退屈だから出会い系に登録しているんです。なにか今のこの何も起こらない日々を変えたい。そんな思いから登録している人妻がほとんどです。なので見知らぬ男性と出会うことはもちろん刺激的なことですし、そこで今までにしたことがないアブノーマルなセックスをするというのは更に刺激的なことなんです。なので出会い系であった人妻相手にセックスをする時、アブノーマルなセックスを提案して嫌がられることはまずありません。むしろ、目を輝かせて待ちわびるくらいです。

とはいっても、スカトロプレイだったり荒縄を使った緊縛プレイのような本格的なものというのは求めていません。そういったハードなSMプレイというのはあくまでも別世界のことであり、あくまでも日常の延長線上にある非日常を楽しみたいだけなのです。ふつうのラーメンを注文したら、チャーシューをおまけしてくれた、というのが出会い系におけるアブノーマルセックスなんです。ふつうのラーメンを注文したのに、いきなりカレーがでてきても困りますよね。なのでハードで本格的なSMプレイを求めているのであれば、それ専門の出会い系を利用した方がいいでしょう。

いわゆるソフトSMプレイが人気

ハードではないソフトなSMでしたら喜んで受け入れてくれます。ソフトSMというのはいわゆる目隠しプレイだったり、手首だけを軽く縛るプレイだったり、ローションを用いてみたりといった、手軽に始められるプレイのことですね。専門的な道具を必要としないので、心理的な抵抗もほぼありません。カバンの中からいきなりごっついカタチをした極太バイブなんかを取り出された日には誰だって引いてしまいますからね。でも目隠しや手首を縛るだけならそれこそネクタイだったりハンカチだったり、日常的にもっているもので代用できるのです。

女性の多くはネクタイを男性的な象徴としてみていますからね。男性の好きな仕草として「ネクタイを外すときの仕草」はもはや鉄板とも言えます。その仕草を見せられつつ、そのネクタイでそのまま目隠しなり手を縛られたりすれば女性は大興奮。いままでこの流れで拒否されたことなんてのはただの一度もありません。

サプライズでアブノーマルセックスを行うのもいいですが、あらかじめメールの中に織り交ぜておいて期待させておくのもいいでしょう。会う前の軽いエッチな話として、これまで変わったプレイをしたことがあるか?なんて話題をふってみることをオススメします。おそらくは、あまり経験をしていない人がほとんどでしょう。

「◯◯さんはこれまでに変わったエッチってしたことありますか?」

「そんなことはしたことないです……。」

「そうなんですね、実は僕もなんです。でも、もし少しでも興味がおありなら……ちょっと変わったことしてみませんか?」

なんて誘い方をすれば自然ですし、相手の期待感も高まります。これがうまくいけば会う=セックスが前提として成り立ちますからね。いちいち複数回のデートを経てくどく必要もなくなりますし、相手に刺激的なセックスを提供することでまた会いたいと思わせることも可能ですし、オススメですよ!

人妻を落とす5つのメール攻略法

人妻と直接メールできることになった時点で「セックスできる!!」と思ってしまう男性がいますが、浮かれるのはまだ早いです。人妻と不倫関係になってセックスできるかどうかは、ここからのあなたのメールテクニックにかかっているからです。

そこで今回は、人妻を落とすメール攻略法を5つにわけてご紹介します。

人妻にメールを送る時間帯

人妻は不倫が旦那や家族にバレることを最も恐れています。人妻は欲求不満で性欲を他の男でみたすくせに、自分の家庭は壊したくないんです。家庭をもつ男性ならその気持ち、わかりますよね?人妻にメールを送る場合は、細心の注意が必要です。中でも時間帯は一番重要。

専業主婦の場合

専業主婦はほぼ1日家にいるため、メールがくると着信音で旦那に気づかれてしまいます。もし見られたらその場で修羅場にもなりかねません。理想は旦那が出社した後の9~13時。子供がいると午後の2~3時には帰ってくるので、それより前に送るのが無難です。朝や夕方~夜は絶対避けて下さい。

共働きの場合

人妻が働いている場合は、職場にいる時間帯を狙ってメールしましょう。旦那の監視がないので、安心してメールできるはずです。フルタイムの場合なら9~18時ならOK。それ以降は、家にいる可能性があるので避けた方が無難です。

また、返信が遅くても何度も送らないこと。焦りは禁物です。もしかしたら、旦那が休みで家にいるかもしれませんし、急な用事があって、メールを返せない状況なのかもしれません。

相手には家庭があって、リスクを抱えながらあなたとセックスしようとしているのです。友達のように、いつでもどこでも気軽にメールできる関係ではないことをしっかり認識しておきましょう。

ただ、4~5日しても返事がこないなら、見込みがない可能性が高いです。さっさと他の人妻に切り替えましょう。

重い内容は送らない

不倫相手を探している人妻は、気軽に性欲を満たしてくれる男を求めています。相談や人生観などの重い内容のメールを送るのは絶対やめてください。

「めんどくさい男」と思って、あなたから離れていくことは間違いありません。

また、長文のメールも厳禁です。メールは短く簡潔にまとめて下さい。1~2行ほどで「ちょっとそっけないかな?」と思うくらいが丁度いいんです。

あなたがそっけないメールをしてると、そのうち人妻から長文がくる場合があります。これは、あなたがそっけないがゆえに、人妻があなたの気を引こうとしている状態なんです。ようは、あなたが追われる立場になってるということですね。あなたが主導権を握っているともいえます。

このパワーバランスができると、人妻とセックスできる日はすぐそこです。

このようにメールは、人妻を逃がすこともあれば、あなたに夢中にさせることもできる非常に重要なアイテムなんです。セックスにたどり着くためにも、メール内容は慎重に考えましょう。

 メールはすぐ返さない

狙ってる人妻からメールがきたら、嬉しくてすぐ返信したくなるもの。しかし、ちょっと待ってください。すぐに返信したら、人妻にとって都合のいい男になってしまいます。

そこで、わざと返信を遅らすのが人妻攻略のポイントです。そうすると、人妻は「あれ?メールの返事おそいな……」と、あなたのことが気がかりになります。その結果、あなたのことが頭の片隅からが離れなくなるんです。

たとえば、人妻があなたに午前9時にメールをしたとします。すぐ返信したら、人妻はあなたのことをたった数分しか考えていないわけです。

しかし、あなたの返信が13時だとすると、約4時間もの間、人妻はあなたのことをずーっと考えているんです。

あなたから返信がくるまでの時間、仕事や家事の合間に何度も携帯をチェックするでしょう。「ちょっと可愛そう……」と思うかもしれませんが、この位が丁度いいんです。これも心理テクニックの1つ。ドンドン使っていきましょう。

メールを送るのは1日に1回

中学生じゃあるまいし、毎日メールをするのはやめた方が無難です。人妻は家事や育児など忙しいんです。あなたとのメールを重く感じるようでは、セックスは遠ざかるばかり……。

相手に負担がかからない程度にしておくことが重要です。

これは、不倫の関係になっても同じです。お互いムリのない関係が一番続くものです。会ったときは思いっきりセックスを楽しんで、それ以外はお互いの生活に入り込まないことも心構えとして大切です。

?をつけたメールはしない

よくメールテクニックなどで「最後に疑問形で送る」というのがありますが、不倫の場合は逆効果なので使わない方が無難です。最悪の場合、関係が終わる可能性もあります。

人妻が不倫を続けるには「旦那や子供にバレないようにすること」が最も重要。メールの回数が多ければ多いほど、バレる可能性も高まるんです。

「?」をつけたメールは、返事を要求しているようなもの。必要なメールなら仕方がないですが、会った時に聞けばいいことまで、メールでわざわざ聞く必要はありません。

出会い系に登録している人妻は、ほぼ確実にセックスできるという事実

33_1

出会い系に登録している女性はさまざまです。それこそ人妻だけではなく(といっても人口比率では一番多いかもしれません)ふつうのOLさんだったり、女子大生だったり、あるいはニートや引きこもりだったり。何を求めて出会い系に登録しているかも人それぞれですよね。純粋に彼氏を探していたり、結婚相手を探していたり、メール友達を探していたり、カラオケなど一緒に遊べる友達を探しているだけだったり、ご飯をおごってくれる人を探しているだけだったり……。

まさに十人十色といえます。しかし、人妻に限ってはそうではありません。人妻が登録する理由はただ一つ。それはセックスを求めているからです。よく考えてもみてください。いまの生活に何も不満がない人妻が出会い系なんかに登録するでしょうか?しないですよね。良き旦那とかわいい子供に恵まれた人妻であれば、出会い系なんて不必要なものなのです。

つまり、出会い系に登録している人妻というのは普段の私生活になにかしらの不満を抱えている人……というわけです。なかには例外がいるかもしれませんが、それは本当にごくわずかでしょう。考えてみても、あまり理由が思い浮かびませんからね。それこそ下々の者たちをあざわらうかのような冷やかしの登録くらいしか思いつきません。

そしてその不満というもののほとんどが「旦那との不仲」であり、それに伴う「セックスレス状態」による欲求不満です。既婚なのに出会い系に登録しているということは「私はセックスを求めています」という札を首からぶら下げているようなものなのです。

ふつうのOLさんや女子大生では、相手が何を求めているのかよくわかりません。男性が出会い系に求めるもの……とくにこのようなサイトを見ている人にとっては出会い系における最大の目的であり成果はセックスであることに間違いはないでしょう。

それなら、最初から人妻に狙いを絞ればいいんです。OLさんや女子大生がセックスを求めている確率は半分以下だというのが体感ですが、人妻であればほぼ100%ですからね。会ってさえしまえば確実にセックスまで持ち込めるというのは大きなメリットです。

意外とガツガツしている人妻というのは少ないです

それなら、出会い系に登録している人妻はセックスに積極的で会いやすいってこと!?と思うかもしれません。これは半分正解であり、半分間違っています。人妻が出会いを求める行為というのは不倫行為にあたります。なのでおおっぴらにできるものではなく、なにかと慎重になるのが普通です。会いたい気持ちはあるけど、会う相手はきちんと選びたい……といったところですね。

なので人妻と接するときに大事なのは、相手に安心感を与えることです。自分は常識をわきまえた人間であり、あなたが不安になるような言動はいたしませんよ、とアピールしていくことが人妻セックスへの近道でしょう。そのためにはきちんとした日本語だったり、常識的な受け答えが必要になってきますが……逆に言えば、社会人として当たり前のことが出来れば人妻と遊ぶことは十分に可能です。

人妻は内心では会って遊びたいし、セックスという火遊びも求めています。ですが、自分からはあまり言い出しません。女性特有の「私は安い女じゃないのよ」というプライドからくるのでしょう。多くの女性はこういったスタンスを取ることが多かったです。ですが、それがあくまでも「建前」だということを理解さえしていれば、あとは「本音」を引き出してあげるだけです。

そういう女性というのは誘われたがっています。私はその気じゃなかったけど、誘われて頼まれたから、仕方なくOKしちゃったの……という、「言い訳」を用意してあげるんです。これは人妻にかぎらず、女性の心理として一般的なものです。

たとえば、わざと終電をのがしてしまう女性というのがいますよね。本当は終電の時間をわかっていて、間に合うこともできたのにあえてスルーして「うっかり」終電をのがしてしまう……。という女性のテクニック?のようなものです。帰れなくなってしまったんだから、しかたなくホテルやカラオケボックスに行くだけなの、という言い訳をつくり上げるわけですね。自分は安い女ではない、というポジションを維持したまま目的を達成することが出来るわけです。

なので、人妻相手の時はグイグイと引っ張ってあげることがセックスへの近道です。もっとも、人妻と一度会ってもう一度会うことが出来たなら、それはもう「あなたとはセックスOK」という意味でもありますからね。あとは時間をかけるか、かけないかの問題だけです。

まだ不慣れな初心者の人であればゆっくり時間をかけるのもいいでしょう。ただし、時間のかけ過ぎは禁物です。一般的には3回めのデートでセックスまで持ち込むというのが男にとっても女にとってもある種の「お約束」のようなものになっています。なので5回も6回もデートをしたのに、セックスに誘ってくれない……となれば、私には女としての魅力がないのかしら?と思うかもしれませんし、女一つ誘えないなんて情けない男、と思われてしまうかもしれません。

どちらにせよお互いに不幸ですからね。できれば3回目のデートでセックスを。おそくても5回目のデートまでにはセックスを目指しましょう。

いきなりセックスに誘うのは失礼……と感じる男性もいるかもしれませんが、まったくの逆です。セックスに誘わないほうが失礼なのです。お見合いや友だちの紹介などでの出会いの場でしたらそうかもしれませんが、これは出会い系なのです。一般的な恋愛観というものは通用しません。

むしろセックスに誘うのはマナーである、という気持ちでいましょう。最初は緊張するかもしれませんが、それも最初だけです。誰にだって最初はありますし、一度慣れてしまえばあとは何人にも「同じ手」を使ってセックスまで持ち込むことが出来るのですから。絶対に覚えておいたほうが人生楽しめますよ!

人妻が本能的に出会い系で求めている5つの条件を知ろう!

706_4

いくら出会い系だからといって、会えればだれでもいいというわけには行きませんよね。かわいいプリクラをもらって意気揚々と待ち合わせ場所へいったら、そこには似ても似つかないようなブスでデブなババアが待ち構えていた……なんて経験は出会い系をある程度楽しんできた人にとっては誰しもが通る道ではあります。よほどのデブ専やブス専でない限り、二度とそんな経験はしたくないもの。

でも、それは女性だって同じこと。変な人には会いたくない。むしろ、体力で劣る女性であればなおさら慎重になるのが普通でしょう。それに、出会い系においては女性というのは基本的に売り手市場です。つまり、オトコは選別される側なわけですね。

では、いったいどこを見て「消去」しているのか。ライバルが10人いたとしたら、あなたはそこから勝ちのこれる自信がありますか?出会い系というのは椅子取りゲームのようなものです。少しずつ選別されていって、最終的に会えるのは数人。もしかしたら一人だけかもしれません。そんなモテる男になるための生き残りのサバイバルレースに勝つための大事なポイントをお教えしたいと思います。

その1.口が堅そうな男

 

人妻が出会い系で他の男と会うとなればそれは不倫以外のなにものでもなく、決して口外してはならない関係です。そんな秘密を共有する相手がベラベラと喋るような男だったら、警戒してしまいますよね。なので、余計なことは話さないのがベターです。特にやってはいけないのは「この前この出会い系で会った人は……」なんて風に、他の女性を引き合いに出すことです。

そもそも、女性というのは「昔の女」と比べられるのをひどく嫌います。まあこれは男も同じだったりしますけどね。向こうから質問してきたのであれば別ですが、それ以外では決して話さないように。

比べられて不快になるだけでなく「この人は男女の関係をこうも簡単に第三者に話してしまうんだ……」という風に口が軽い印象を与えてしまいます。こんな感じで私との関係も、他の人にしゃべっているかもしれない。と思うわけですね。最近では特に個人情報に対する意識も高まっていますからね。

あなたが既婚者であれば、妻の悪口や愚痴を言うなんてのも良くないですよ。女性というのは女性同士で女性のことを悪くいうのは大好きですが、男性から女性のことを悪く言われると、それがたとえ同じ内容だったとしてもムッとするものなんです。

なんだその理不尽さは!と思うかもしれませんが、そうなんです。女性ってのは理不尽な生き物なんです。なのでこちらの常識やものさしで図ろうとしないことが大切です。

その2.自分の話を聞いてくれる男

先程は余計なことは話すな、と言いましたが、じゃあなにを話せばいいの?と思う人がいることでしょう。その答えは簡単です。なにも話さないでいいんです。

なにせ、女性というものは話を聞くことよりも話を聞いてくれることのほうが圧倒的に大好きなんです。女性が3,4人集まったらそのままずっと数時間しゃべり続けるなんてことはざらにありますよね。あれはずっと同じ人が話しているわけじゃないんです。持ち回り制でやっているんです。貴女の話を聞いてあげたんだから、今度は私の話を聞いてよね。というループを延々と続けているわけなんですね。

なのでこちらからは聞かれたことだけを答えて、あとは相手に話させればいいんです。一流のホストはこの「聞く力」というものが非常に優れているそうです。決して恵まれた容姿や鍛えぬかれた体なんてものはいらないんです。ちょっとブサイクでもこのチカラがあればNo.1になれることは珍しくないですからね。

とはいっても、なにを聞けばいいのか……。気の利いた質問なんて思い浮かばない、と。別に池上彰さんに質問するわけじゃないんですから、適当でいいんですよ。最近なにかおもしろいドラマや映画ってあった?だったり、◯◯さんを動物に例えるとどんなかんじ?なんて子供っぽい質問でもいいんです。自分自身のことを話せるきっかけを作ってあげればいいんです。

仕事はなにをしているの?だったり、お子さんはいるの?なんて質問は絶対にNGですよ。彼女たちはそういった現実から逃れたくて出会い系というユートピアに「逃げこんで」きているわけです。

それなのに逃げ込んだ先でも現実のことを聞かれて引き戻される。そんなことを彼女たちは求めていません。なので家庭や私生活に関することはこちらからは聞かないようにしましょう。

個人的に鉄板の質問として使っているものを紹介したいと思います。それは

「◯◯さんは元気で明るそうなメールを送ってくれて、僕も元気づけられてます。でも、なんだか時折つらそうというか、さみしそうな一面を感じることがあって……。なにか悩みでもあるんですか?話して楽になることなら、僕でよければ聞かせてくださいね」

というものです。なんせ、悩みなんて大なり小なり誰だって抱えているものですし、家庭があるのに出会い系に登録するような人妻なんていうのは100%なにかしらの問題と悩みを抱えていますしね。周りの女は幸せそうなのに自分だけがつらくて寂しい思いをしているんだ。どうして私だけが!という被害者意識も強いです。なのでこれはもうすでに答えを知っているのにわざと質問をしているわけです。

でも、こんなふうに言われてしまうと

「まだ私のことそんなに話してないのに……どうして、私がつらくて寂しい思いをしていることがわかったの!?この人なら、私のことを大切にしてくれるのかもしれない……」

なんて思ってしまうんですよ。どうですか。チョロいですよね(笑)私はこの手で何十人もの人妻をいただくことができました。はっきり言って、めちゃめちゃ効きますよこのフレーズは。

その3.お金を持っていそうな男

お金はあるにこしたことはありません。安いファミレスよりも、夜景のきれいなレストランにつれていったほうが確実に好印象を与えられますしね。ケチる必要がないくらい稼ぎのある人であればそれでいいですが……でも、出会い系で会うような女にはなるべく使いたくないっていうのが本音ですよね。

なので、別に本当にお金を持っている必要はありません。持ってそうな雰囲気だけ出していればいいんです。どうせ、人妻との関係なんていうのは長続きはしないものなんですから、すべて真実を伝える必要はありません。ぶっちゃけて言うと、ウソを付いてしまえばいいんです。

出会い系によっては自分のプロフィール欄に年収を記入する欄があったりします。なんともダイレクトで下品な項目ですが、女性が気にするのもソコですからね。まんま正直に入力するよりは、一回りくらいは水増ししてしまいましょう。年収が400万の人であれば600万くらいにしておくのがいいでしょう。さすがに1000万にしてしまうと、相手の期待度が上がってしまいますからね。

そしてファーストデートくらいはチェーン店ではない、ちょっとおしゃれなお店に連れて行くのがいいですよ。さすがにいい年した大人の男がいい年した人妻をワタミや白木屋に連れて行くのはみっともないですから。

相手の都合にもよりますが、可能であれば最初に会うときは1時間程度の予定でカフェにするのがベストですけどね。もしハズレが来てしまったとしても、1時間であればなんとか我慢出来る範囲ですし、カフェであればおごったとしても1000~2000円くらいですからね。そこで気に入って二回目のデートがあるのであれば、先程も書いたようにちょっとおしゃれなお店につれていく、というのが一番合理的でベターなラインかと思います。

その4.自分のことを褒めてくれる男

人妻っていうのは誰かから褒められる機会というものが本当にありません。専業主婦であればそもそも他者と関わる時間というものがほとんどありませんし、せいぜいママ友くらいだけだったり。私生活が充実した人妻であればそちらを拠り所に頑張れたりするものですが、そちらがうまく行っていない場合はまさに八方ふさがり。そんな状態の人妻が出会い系に続々とやってくるわけです。

なので、人妻のことはまず褒めてあげてください。人から褒められれば嬉しいものですし、自分のことを認めてくれた・自分には価値がある、という自己肯定が出来るようになります。それは何よりの快感だったりするものなんですね。

「今日は朝から掃除してて腰が痛くなっちゃった」

なんて話が出たら

「おつかれさま!男は掃除をしてくれて当たり前なんて思っちゃいがちだからね……。部屋がきれいなのは◯◯さんが腰を痛めてまで掃除してくれたってことを感謝しないとね。ご褒美に腰をマッサージしてあげたいくらいだよ(笑)」

と、わざとらしいくらいのねぎらいの言葉と、ベッタベタなちょいエロトークを挟むという、まさに出会い系においてはかなり理想に近い返信だと思います。こんなかんじで、ちょっと気恥ずかしくなるくらいのメールっていうのがちょうどいいんです。人妻が求めているのは非日常と癒やしなのですから。

その5.リードして引っ張ってくれる男

肉食系女子なんて言葉も生まれている今日このごろですが、出会い系において肉食系女子というのはあまり見られません。なぜかといえば、それ以上に出会い系という場所においては肉食系男子が多いからなんですね。

もともと肉食系女子という言葉は草食系男子に対抗して生まれた言葉です。手を出してこない情けない男に業を煮やして、それならこっちから行ってやる!というのが肉食系女子です。

ところが出会い系において草食系男子なんてものはいません。正確にいえば、草食系男子はいたとしてもカウントされません。なにしろ、彼らは草なのですから。ただそこに生えているだけの存在です。出会い系に登録しているのに自分から手を出さない、アプローチもしない、女から声をかけてくれるのを待つだけ。そんな存在はまさにサクラのカモにされているだけです。

なので、これを見ている男性諸君は必ず自分から手を出してください。がっついているようでみっともない、なんて思わないでください。むしろ、出会い系においてがっついていないことこそが恥ずかしいことなんです。

Mな女性とSな女性。どちらが多いかといえばそれはもう圧倒的にMな女性なわけですね。つまり女性というものは受け身な性質であることが多いんです。今も昔も、モテているのは例外なく積極的な男性です。

ここでいう「積極的」というのは女性に対してという意味だけではなく、恥をかくことに対して積極的というポイントもあります。どうしても日本人というものは失敗を恐れて、恥をかくことに対して嫌がります。例えば、ナンパなんかはまさにその典型的な例ですね。ナンパは苦手、したことがない、という人は断られるのが嫌で怖いだけなんです。

でもナンパをする人というのはそれを乗り越えています。そして、乗り越えた結果セックスという結果を得ています。出会い系で声をかけるのは、それに比べたら精神的には全然ラクです。面と面をむかって断られるより、文字で断られるだけのほうがダメージはずっと少ないですからね。

それに、ある程度の人数にフラれてくると神経が図太くなってくるのか慣れてくるのか、ほとんどなにも感じなくなります(笑)ある意味では、そこからがスタートといえるかもしれません。そうなった時の男っていうのは強いですよ。そして強い男が出会い系で得をするんです。

出会い系の人妻には美人が多いってホント!?

140928-1

出会い系に登録している人妻ってどんなイメージでしょうか?わざわざインターネットでしか出会いがないような女なんてどうせブスだったりデブだったりするんだろう?とお思いの方もいるかもしれません。しかし、それは大きな間違いであると断言できます。むしろ美人な人妻ほど、出会い系を利用しているのです。

なにもこれは嘘やデタラメではなく、ちゃんとした根拠と理由があります。

女性というのはいくつになっても女性として扱われたい願望があります。そして、それは年齢を重ねるごとにその傾向が強くなっていきます。若い頃は黙っていてもちやほやされていたのに、年をとって結婚したら見向きもされなくなった…。と、学生時代は美人で男を取っ替え引っ替えだった人ほど、出会い系に出会いを求めることが多いようです。

私の経験からいえば、20代で出会い系に登録する女性はルックスのよくない女性が多いです。なぜなら、普段出会いの場がいくらでもあるのにもかかわらず、出会いがない。つまりふつうの生活で男性との出会いがあるにも関わらず異性と交際することが出来ない、あまった女なのです。

しかし、30代以上で結婚したとなれば、普段出会いの場はなかなかありません。そしてルックスのよくない女性は「男遊び」のやり方を若いころに学ぶ機会がなく、不倫をしようとは思いません。願望としてはあるかもしれませんが、もしそんなことをして主人にバレて離婚でもされたら、もう一度結婚なんて出来る気がしない……だからそんな冒険は出来ない、とおとなしいわけです。積極的に不倫を求める人妻は、若い頃にモテた経験があるからこそ、そして今も女として輝ける自信があるからこそ、あのすばらしい日々をもう一度、という気持ちで出会い系に登録するのです。

不倫に対する不安

正直、不倫って大丈夫かな?と最初は心配でした。けどむしろ人妻と会うほうが安全と思えるようになって来ました。向こうだって秘密の関係でありたいわけですから無茶はしませんし、深入りもして来ませんしね。下手に独身女性に手を出して、こっちの生活や家庭に干渉でもされたりしたらたまったものじゃないですからね。

もちろんこちらも深入りや詮索は禁物です。万が一のことを考えるのなら、偽名や偽のプロフィールをでっち上げてもいいと思います。なにも結婚相手を探すわけではないのですから、すべて本当のことを伝える必要はないのです。そして、それはお互い様だと思いましょう。相手の言うことや説明になにか矛盾があったとしても、そこはつっこまずに流してあげるのがおとなの不倫マナーといえるでしょう。

具体的なポイントとしては、メールを送ってもいい時間帯などをあらかじめ聞いておくと好印象を与えられることが多いです。「あ、この人はちゃんとわかっている人なんだな」と相手に安心感をもってもらうことができます。そして、相手が連絡できなかったり約束の変更や延期があったとしても、それを快く受け入れてあげること。あいては自由に自分の意志では動けないタイミングもある立場なのです。最大限尊重してあげましょう。

ただし、それを2度3度も繰り返すようであれば交際相手としてはふさわしくないとも言えるでしょう。一度会ってどんな人なのかわかった上で、交際を続けていきたいと思えるほどの上玉であれば別ですが、まだ会ったこともない相手であれば切りましょう。いくら相手に悪意がないとしても、そんな相手と今後も仲良く交際していけるかといったら、それは疑問ですからね。